プログラミング

未経験からのプログラミング攻略ガイド【月5万を目指す】

未経験からのプログラミング攻略ガイド
プログラミングをやってみたいけど、実際どうなんだろう。やってみたいけど、一体、何からはじめたら良いのかわかりません!

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・ゴール:プログラミングで副収入を得る
・プログラミング学習の準備
・プログラミングの学習ステップ
・サイト製作の学習ステップ

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、37歳からプログラミングを学習し、月収100万円達成。現在は、フリーランスとして生活ができるようになりました。

これからプログラミングを学習したい人に、実際に僕が学習をしてきた過程をご紹介します。

今も、プログラミングのスキルを中心に、会社員時代以上の収入を得ることができています。

プログラミングって聞くと難しいイメージがありますが、その内容はピンきりなので絞り込んで学習をすれば、月5万円はすぐに稼げるようになりますよ。

プログラミングで、収入をアップさせたい方は、ぜひ、最後まで読んでみてください。

ゴール:プログラミングで副収入を得る

プログラミングで副収入を得る
プログラミングの最初の目標設定は、「プログラミングのスキルを生かして副収入を得る」で十分です。

いきなり、プログラミングでフリーランスになる!という高い志を持つのもよいですが、最初にうちはなるべくハードルを下げておいたほうが良いでしょう。

ハードルが高すぎると、達成できずに挫折にも繋がりやすいからです。

Twitterを見ていると、月収◯◯万円突破みたいな人がたくさんいますが、そういう人はほんの一握りなので安心してください。毎月3万円でも稼げたらすごくないですか?会社員で給料3万円を上げるのは至難の業ですが、副業なら十分可能です。ライバルは、いつも自分です。コツコツいきましょう☺️

補足:プログラミングとは?

そもそもプログラミングとは何かと言いますと、「コンピュータに指示を出すこと」です。

相手が人であれば、話しかけることで動いてくれたりしますが、コンピュータはそうはいきません。

コンピュータにでも分かるように指示(プログラミング)をする必要があるからです。

よくある質問:おすすめのプログラミング言語は?

こちらもある質問なのですが、僕個人としては、Webサイト製作に関わる言語をおすすめしていますし、今回の記事でもWebサイト製作におけるプログラミングを題材としています。

理由は以下のとおり。

・プログラミング言語の中では難易度が低い
・案件の数が多い

プログラミングって言えば一言なのですが、言語は多岐に渡ります。なので、「これがおすすめです」と言えないのが事実なんですね。

ですので、初心者の方はとっつきやすく「習得の難易度が低いこと」そして、「習得した後には収入源になること」が大事かなと思います。

月5万円をイメージする

月3万円をイメージする
プログラミングで月5万円の収入を得る方法ですが、ずばり「クラウドソーシング」で十分いけます。

たとえば、クラウドソーシング大手「ランサーズ」であれば、以下のような案件があります。

コーポレートサイト案件

このようなコーポレートサイト製作の案件であれば、複雑なプログラミングのスキルも必要ありませんし、丁寧な仕事を行えば、他の案件もお願いされることさえあります。

クラウドソーシングは、他にも「クラウドワークス」が有名ですので、両方に登録しておくと良いでしょう。

クラウドソーシングの登録方法については、下記の記事で詳しく解説しています。

»はじめてのクラウドソーシングの教科書【僕の全経験をまとめる】

プログラミング学習の準備

プログラミング学習の準備
プログラミングをはじめるにあたっては、パソコンが必要です。

2021年現在、もしお金に余裕があるのであれば、「MacBook Air」がおすすめです。

はっきり言ってコスパが良すぎだからです。もちろん、安い買い物ではありせんが、前述の案件を1、2件獲得できれば十分に回収できます。

»【解説】プログラミングに必要なスペックとは?【初学者向け】

無理はしなくても大丈夫です

僕個人としては、Macを推していますが、好みの要素も大きいので、あまり気にしなくても大丈夫です。

パソコンの違いで、プログラミングの上達具合に影響が出ることはありませんから。

基礎力を身に着け、サイトを制作する

基礎力を身に着け、サイトを制作する
Webサイト製作だけのことではありませんが、大切なのでしっかりとお伝えしておきます。

  • プログラミングを学習し(インプット)
  • 自分でサイトを作る(アウトプット)

部活なんかもこうだと思います。コツコツ練習をして(インプット)、試合に出る(アウトプット)。理屈は簡単ですね。

注意:ノウハウコレクターにならないようにしよう

これは、本当に注意してほしいのですが、学習ばかりでは意味がありません。

最初のゴールを覚えていますか?「月5万円稼げるようになる」でしたね。

ありがちなのが、学習(インプット)ばかりして、実際にサイトを作らない(アウトプットしない)人がいます。

また、自分のサイトを持つという行為は、実務においても必ず役に立ちます。プログラミング学習と併せて行いましょう。

プログラミング学習の3つのステップ

プログラミング学習の3つのステップ
未経験の方がプログラミングを学ぶには次のステップをおすすめします。

  1. 入門レベルでプログラミングを好きになる
  2. 実践レベルまでより深く学ぶ
  3. 書籍を使って学ぶ

順番に解説していきます。

入門レベルでプログラミングを好きになる

まずは、プログラミングの入門編といえば「Progate(プロゲート)」です。

Progate(プロゲート)

Webサイト製作で必要なコースは以下のとおり。

・HTML&CSS
・jQuery
・PHP
・SQL

無料版もありますが、すべてのコースを受講できないので、有料版(税込み1,078円)に登録することをおすすめします。

また、上記のコースについてですが、いきなりすべてを理解する必要は全くありません。

50%くらい理解できればOKです。どんどん進めていってください。

ここでは概要を理解するという感じで大丈夫です。

もうひとつ、おすすめなサイトが、「ドットインストール」です。

ドットインストール

ドットインストールは、Progate(プロゲート)よりもより広い範囲をカバーしているという感じです。こちらも無料と有料(税込み1,080円)があります。

サイト内のレッスン一覧に「ウェブサイトを作れるようになろう」というものがあるので、体系的に学びたいのであればこちらがおすすめです。

実践レベルまでより深く学ぶ

「Progates」や「ドットインストール」を学んだ後は、「Udemy」の動画教材で実践レベルを学んでいきましょう。

こちらは、たにぐちまことさん(@seltzer)の動画教材でして、今でもプログラマーとして第一線で活躍されている方です。

説明もわかりやすく、質問を対しても真摯に答えてくださるのでモチベーションも上がりますね。

Udemyでオトクに学ぶ

実は、Udemyでは、月に1回程度、セールを行っています。そのセールでは、動画教材が90%offになることもよくあります。

ですので、マイカートに見たい動画を入れておけば、セールの通知がメールで届くのでそのときにポチっておけばオトクに学習をすることもできます。

スクールという選択肢

ここまでは、独学を前提に話を進めてきましたが、プログラミングスクールという手もあります。

「わからないことは講師にすぐ質問ができる」「勉強の仲間ができる」といったメリットもあるので、「プログラミングを本格的にやりたい」というのであれば、スクールもありかもです。

スクールの中には、無料で体験学習もできますので、独学にちょっと疲れたら試してみるのもありですね。

»【30代後半未経験】プログラミングをはじめるのは遅い?【間に合います】

書籍を使って学ぶ

最近は、プログラミングに関する記事や動画が簡単に手に入るようになりましたが、書籍で学ぶのもありです。

書籍では、体系的に学べることがメリットです。

サイト製作の学習ステップ

サイト製作の学習のステップ</h2>
プログラミングと並行して、自身のWebサイトも準備しておきましょう。サイトを作るのは「WordPress」の一択です。

最近では、無料でサイトが作れるツールもありますが、やはりWordPressが根強い人気ですね。世界中のサイトの4割がWordPressで作れられいるというのも安心材料になります。

WordPressの準備をする

  1. サーバーを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. WordPressをインストール

WordPressを使うためには、サーバーとドメイン契約をする必要があります。

僕が実際に使っているサーバーは、「エックスサーバー」です。

サーバー業界ですとかなりの大手ですので安心です。プランもいくつかあるのですが、一番安い「X10」のプランで大丈夫です。

また、最近では、「ConoHa WING(コノハ ウイング)」もありですね。価格は若干、こちらの方が安いみたいです。

ちなみに、ドメインというは、サイトのURLのことです。

エックスサーバー」でも「ConoHa WING(コノハ ウイング)」でもセットで取得できますので、ご安心を。

エックスサーバーの契約とドメインの取得方法は、下記の記事で詳しく解説しています。

»Xsever(エックスサーバー)でサーバーを契約する方法【ドメインもセット】

WordPressを学ぶ

WordPressでサイトを製作するには、phpという言語を学ぶ必要があります。

WordPressの構築については、たにぐちさんの動画がおすすめです。

補足:案件はゼロから作る必要はない

サイトを製作するというと、真っ白な状態からカタカタとプログラムを打ち込んでいるイメージですが、実は違います。

WordPressには「テーマ」というものがあって、それをカスタマイズすることである程度、整ったサイトができてしまいます。

テーマごとに、特徴もあったりするので、作りたいサイトに応じて選びましょう。

おすすめWordPressテーマ

WING(AFFINGER5) ※ブログサイト向け
FAKE(TCD) ※コーポレートサイト向け
Snow Monkey ※ブロックエディターが優秀

月5万円のその先

月3万円のその先
ちょっと先の話ですが、5万円が稼げるようになると、心に余裕もできてきますし、選択肢も増えてくるかなと思います。

  • 副業でやっていく場合:新しいスキルを身に着けつつ、単価を上げていく
  • フリーランスを目指す場合:少し先を行く、先輩や仲間を見つける

副業でやっていく場合は、スキルアップを行いつつ、単価を上げていく方法が良いかなと思います。

多機能サイトを制作したり、サイト製作と親和性の高い、SEOや広告運用を一緒に受ける感じです。

サイト製作「+α」のことができるようになると、独自性が増して、より単価の高い提案も獲得しやすくなります。

また、フリーランスを目指す場合には、必ず仲間を見つけましょう。なぜなら、迷ったときに相談できるのは本当に強みになるからです。

無料でプログラミングの質問に答えます

無料でプログラミングの質問に答えます
プログラミングは、本当に人生を変えるツールだと思っています。僕もプログラミングを37歳のときから、勉強をはじめて大きく人生を変えることができました。

しかし、順風満帆にここまできたかというとそうでもありません。最初は、何もわからず遠回りもしてきました。ですので、初学者の方で悩みがある方はTwitterにて受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

»サトシ@好きを仕事にする複業家 by twitter

というわけで、今回は以上です。

ABOUT ME
原田 彗資(はらだ さとし)
大手企業にて10年間で述べ、200名以上の部下をマネジメント。転職するもブラック企業でうつ状態へ。その後、完全未経験から独学でWeb製作、Webマーケを学ぶ。個人で稼ぐ力が身につくサイト「fins」を運営中。東洋経済オンラインをはじめ、大手メディアへの寄稿、出版も行う。