Webマーケティング

「Withマーケ」の評判|半年在籍してわかったリアルな評価

Withマーケっていうマーケティングスクールがあるけど、実際のどんなスクールなんだろう?Withマーケのリアルな評価を知りたい!

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・Withマーケの特徴
・Withマーケのメリット・デメリット
・Withマーケと他社との違い

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、Webディレクター、マーケターとして複数の法人様と仕事をしながら生活をしています。

Withマーケって名前は聞いたことあるけど、実際のスクールの講義内容やコミュニティの雰囲気については、入会しないとちょっと分かりづらい部分もあるかと思います。

この記事では、Webマーケティングスクール「Withマーケ」に入会して半年経った僕自身がその特徴とメリット、デメリットを解説しています。

Withマーケへの入会に迷っている方は、ぜひ、最後まで読んでみてください。

Withマーケの特徴

Withマーケの特徴
Withマーケは、「上位10%のWebマーケターになる」をコンセプトとしたWebマーケティングスクールです。

ですのでスクール内の情報は、受講して終わりといった受身形の講義ではなく、Webマーケティング未経験からフリーランスとして独立するために必要なレベルまでの幅広い内容をカバーしています。

<特徴><詳細>
幅広い講義内容経験〜現役Webマーケター、経営者向け。
※多くのマーケティングスクールは未経験者向け
月額3,980円業界最安値。「失敗したくない」という人におすすめ。
170本以上の動画コンテンツマーケティングの基礎を始め、SEO、広告運用、SNS運用など、幅広いコンテンツをカバー。欲しい情報が欲しいタイミングで手に入る。
会員限定のコミュニティ各分野の専門家による質疑応答ができる。「今まさに案件で困っていること」もすぐにアドバイスがもらえる。
コミュニティ限定の記事、やLIVE動画もあり。

次に、Withマーケの評判やメリット、デメリットについて忖度なしでお伝えしていきますね。

【Withマーケの評判】5つのメリット

Withマーケのメリットは、次のとおりです。

  • 受講料が3,980円
  • 月額制で継続的に在籍できる
  • 案件獲得・自動化のためのノウハウが豊富
  • あえて学習の範囲が広い
  • 現役マーケターの案件サポートが受けられる

順番にご紹介していきます。

受講料が3,980円

まずは、「月額3,980円」という価格設定です。

書籍で例えるなら、約3冊分といえばイメージしやすいでしょうか。

仮に、一年間在籍していたとしても、「3,980円 × 12ヶ月 = 47,760円」と5万円以下の料金です。

他のマーケティングスクールが何十万円もすることからも、Withマーケの価格がお得なのが分かります。

いつでも辞められる月額制

ふたつめは、月額制なのでいつでも辞められることです。

多くのスクールは買い切りのサービスのため、3ヶ月や半年という具合に在籍期間が決まっています。

ですので、「思っていた内容と違っていた」「今の仕事が忙しくなって受講するのが難しくなった」としても自己都合なので諦めるしかありません。

一方、Withマーケは月額制のスクールなので、「一ヶ月間お試し講義の内容を見ることができる」「一旦、退会して仕事が落ち着いたら再受講する」こともできます。

フリーランスで活動をしていると、仕事量の多いときとそうでないときと、どうしても波ができてしまいます。

必要なときに、必要な情報だけを手に入れることができる受講体系は本当に助かります。

案件獲得・自動化のためのノウハウが豊富

フリーランスとして自立していくためには、継続的に案件を獲得していくことが欠かせません。

継続的に案件を獲得する秘訣は、クライアントの悩みを解決させることです。

僕の経験からお伝えしますと、クライアント企業の経営者の方とお話をしていると、「実は、今度こういうことをやろうと思っていて…」「知り合いの経営者がこういう悩みを持っていて…」という話題が必ず出てきます。(もちろん、経営者の方と友好な関係を築いているのが前提ですが)

そのときに与えられた選択肢は、次の2つです。

「自分の専門分野じゃないからお断りしよう」
「自分の専門分野じゃないけど、コミュニティで相談すれば具体的に提案できるかもしれない」

実際のクライアントの悩みは、ひとつだけとは限りません。きっかけはひとつだとしても、そこから芋づる式に悩みは出てきます。

そこで、自分の専門領域以外でも具体的な提案ができるかどうかが、継続的に案件を獲得するための鍵といえるでしょう。

あえて学習の範囲が広い

SEOのみ、Google広告に特化したスクールはありますが、実務現場の仕事だとそこだけ提案すれば良いというケースは正直、少ないです。

なぜなら、特化したスキルだと、スキルとクライアントのニーズが一致しない場合は、契約が継続されずに終了してしまうからです。

SEOに特化したマーケターを例にみていきましょう。

SEOは、Googleなどの検索エンジンから検索したユーザーを特定のサイトやページにアクセスを集めるための施策です。

SEOの案件は半永久的に継続できるものではなく、仮にうまくいっていたとしても1年くらいである程度の施策は終わってしまうことがほとんどです。

なので継続してお仕事をもらえるかどうかは、契約の途中でクライアントの別の悩みを解決できるかどうかが別れ道となります。

「リピーターを増やしたい」という悩みであれば、LINE運用が有効かもしれませんし、「別の方法で集客したい」のであれば、広告やSNS運用といった方法もあるでしょう。

つまり、クライアントから継続的にお仕事をいただくためには、クライアントの悩みに合った解決策を提案できることが鍵となります。

現役マーケターの案件サポートが受けられる

Withマーケでは、限定グループ内のチャットやLIVE配信、オフライン交流会によって現役で活躍しているマーケターへ直接、相談ができます。

他のスクールでは、「メンター」という立場で質問ができる仕組みもありますが、実はスクールの卒業生というくらいで現役のマーケターでない場合もあります。

また、各スクールでは一定の基準まで知識を得ることはできますが、その知識をそっくりそのまま実務においても使えるというケースはほとんどありません。

ですので、「こういう場合は、どういう提案が有効なのか」「この案件では、どんな種類の対策ができるのか」という具合に、現役マーケターからのサポートが受けられるのは、自分の専門分野でないことでもクライアントへ提案できることに繋がりますので、かなりのメリットといえます。

【Withマーケの評判】3つのデメリット

Withマーケのデメリットは、次のとおりです。

  • ピンポイントで必要な情報がないこともある
  • スクール内、受講生同士の交流は少なめ
  • コミュニティツールには慣れが必要

こちらも順番にご紹介していきます。

ピンポイントで必要な情報がないこともある

繰り返しになりますが、実際のマーケティング業務となると、学んだこと以外にも必要なスキルが求められることもあります。

たとえば、「広告運用のこういう知識が欲しい」という場合、既存の動画コンテンツではぴったりと当てはまらない可能性もあります。

現状、Withマーケでは、Webマーケティングにおける基本的な部分は学べますが、一歩踏み込んだ内容については、コンテンツになっていないものもあります。

なので、コンテンツ以外の不明点については、個別質問で対応していく必要があります。また、2022年の2、3月頃にはWithマーケの大幅アップデートによりコンテンツの大量増加があるとのことですので、期待したいですね。

スクール内、受講生同士の交流は少なめ

今のところ、スクール内や受講生同士の交流は少ないかもです。

スクールの受講生同士で、ワイワイやっていきたいというのをイメージしている人は、入会後にちょっとギャップがあるかもかもしれません。

コロナ禍という状況もあるので仕方のない部分もありますが、スクール内での交流については今後の運営に期待したいですね。

コミュニティツールには慣れが必要

現状、会員限定のコミュニケーションツールは、Facebookグループがメインです。

コミュニティのツールといえば、SlackやDiscordといったツールを使っている人も多いか思います。

現在は2022年のアップデートに向けて、自社製のチャットツールも開発中とのことですので、利便性は上がりそうです。

Withマーケは他のスクールとどこが違うの?

ここからは、Withマーケと代表的なWebマーケティングスクールの違いについて解説していきます。

スクール名WithマーケWEBMARKSデジプロマケキャン
価格(税込)3,980円〜
(1年在籍の場合:47,460円)
498,000円〜363,000円〜 38,5000円〜
受講期間1ヶ月ごとの更新2ヶ月〜3ヶ月2ヶ月3ヶ月
学習範囲Webマーケティング全般SEO広告運用広告運用
学習方法170本以上の動画コンテンツ・就職コース
・フリーランス育成コース
・就職+フリーランス両取りコース
・オンラインプラン
・通学プラン
・学習コース
・転職コース
・転職コース
学習支援・会員限定コミュニティ
・LIVE配信
・週に1回のグループディスカッション(Zoom)・動画教材
・実案件の広告運用
・動画教材
・フィードバック授業
転職サポートなし・就職・案件獲得サポート
・就職お祝い金制度
なし・転職サポート
・転職保証付き

WEBMARKS:SEOに特化したマーケティングスクール

WEBMARKS
WEBMARKSは、SEO特化型のWebマーケティングスクールです。

動画コンテンツで学習をしつつ、課題をこなしてSEOの案件に必要なスキルを身につけていきます。

現役のWebマーケターに対する質疑応答や代表の鈴木さんによる個別面談など個別のサポートにも力を入れています。

WEBMARKSでは、SEOに特化しているスクールのため、Withマーケと異なり広告運用やSNSマーケティングなど幅広い知識を学ぶことはできません。

各コースの受講期間は2ヶ月間で、就職・案件獲得サポートは、1ヶ月から最大10ヶ月まであるようです。また、30歳未満限定で、諸条件を満たすと就職お祝い金がもらえる制度もあります。

受講料は、498,000円(税込)〜で一括払いのみ対応となっています。

もし入会してイメージと違ったとしても30日間の返金保証(※条件あり)がありますが、学ぶためにはある程度まとまったお金が必要のようです。

デジプロ:広告運用に特化したマーケティングスクール

デジプロ
デジプロは、広告運用に特化したWebマーケティングスクールです。

広告運用を専門としているため、その他のWebマーケティングスキルを学びたい人には少し物足りない内容かもしれません。

コースは、オンラインと通学の2種類から選ぶことができ、それぞれ個別指導、少人数制の講義形式となっています。

ですので、自分ひとりではどうやって学習を進めていったら良いかわからないという方にはおすすめです。

受講料は、363,000円(税込)となっています。他者のサービスと比べても少し抑えめの価格設定ではありますが、Withマーケの約10ヶ月分の受講料はかかってしまいます。

デジプロでは、返金保証を行っています。ただし、入会後1週間という制限がありますので、受講して最初の1回くらいで判断しなければならないので注意が必要です。

マケキャン:業界大手のWebマーケティングスクール

マケキャン
マケキャンは、DMM.comが運営する業界大手のWebマーケティングスクールです。

講義内容は、デジプロと同じように広告運用に特化したものとなっているので、幅広く学びたい人はWithマーケの方が良さそうです。

学習の進め方は、オンラインによる動画のインプットと講師によるフィードバック授業が受けられるようになっています。

マケキャンの強みは、転職サポートです。過去の転職サポートの実績や、もし転職できなければ受講料の半額を返金する(※条件あり)という姿勢から、転職サポートを売りにしているのが分かります。

受講料は、学習コースだと385,000円(税込)、転職コースだと65,7800円(税込)となっており、Webマーケティングのスキルを身に着けたいのか、転職を考えているのかでコースが選べるようになっています。

もしWithマーケに入会してイメージと違っていたら

入会してイメージと違っていたら
「入会したら、思っていたのと違っていた」

この手の悩みは着きませんよね。

Withマーケでは、全額の返金保証もついていますし、しばらく使っていて「自分にあっていないな」と思ったら、すぐに辞めることもできます。

他のスクールも返金保証を行っていますが、だいたい7日間、最大でも30日くらいの間に手続きをしなければいけません。

「入会したけど、仕事が忙しくなって受講し続けるのが難しくなった」としても、保証期間を過ぎると対応はしてもらえません。

その点Withマーケでは、2ヶ月目で退会したとしても、それ以上の費用はかかることはないので安心ですね。

Withマーケの会費は元が取れるのか【結論、自分次第】

入会して元は取れるのか
「いくら月額費用が安くても、もとが取れないと意味がないんじゃないの?」と思うかもしれませんね。

結論、かなり取りやすいかなと感じています。

他のスクールは、安くても30万円くらいの受講料がかかります。

仮に、スクール卒業後、月に10万円のWebコンサルティング案件が獲得できたとしても、受講料を回収するのに最低でも3ヶ月かかります。もちろん、10万円の中に経費も含まれているとさらに回収期間は延びてしまいます。

一方、Withマーケは、一年間受講し続けたとしても5万円かからないくらいの料金です。

5万円であれば、案件を1件でも獲得できれば元が取れる計算です。

また、Withマーケでは、幅広いWebマーケティングのスキルを身につけることができるので、ひとりのクライアントに対し、SEOで10万円、広告運用で20万円という提案の方法もできます。

僕自身も、Withマーケに入会して半年しか経っていませんがSEOの提案以外にも、LINE構築、Webサイト制作の案件を獲得できているので、すでに10年分の受講料は取れている感じです。

とはいえ、どんなに良いスクールに入会して、良い教材で学び、良いマーケターに出会ったとしても、自分自身が提案、行動しなければ案件を獲得することはできません。

Withマーケは、主体的に動けるフリーランス向けのスクールと言えるでしょう。

まとめ|実務レベルのマーケティングならWithマーケがおすすめ

実務レベルのマーケティングを学ぶなら「Withマーケ」
今回は、Webマーケティングスクール「Withマーケ」の評判や特徴について解説しました。

Withマーケは、月額3,980円という価格ながら、SEO、広告運用、SNS運用と幅広いマーケティングのスキルを身につけることができます。

また、現役のマーケターに直接質問もできるので、基本的なこと以外にも今まさに案件で困っているような内容にも答えてもらうことができますし、コミュニティ内でも案件に直結するようなやりとりもあります。

実務レベルでWebマーケティングを学びたい方は、ぜひ、公式サイトをチェックしてみてください。

ABOUT ME
原田 彗資(はらだ さとし)
大手企業にて10年間で述べ、200名以上の部下をマネジメント。転職するもブラック企業でうつ状態へ。その後、完全未経験から独学でWeb製作、Webマーケを学ぶ。個人で稼ぐ力が身につくサイト「fins」を運営中。東洋経済オンラインをはじめ、大手メディアへの寄稿、出版も行う。