プログラミング

【40代】プログラミング未経験者こそ副業でやるべき理由

プログラミングで副業をやってみたいけど、未経験だと難しいかな。20代のような若さもないけど、できる方法があれば知りたい!

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・プログラミング未経験でも副業はできます
・副業に必要なプログラミング言語
・プログラミング未経験者が副業をするためのコツ

本記事の信頼性

この記事を書いている僕はプログラミング歴3年ほど。
今では、そのスキルを生かして副収入として毎月20万円ほど得ています。

これからプログラミングを学びたい人、プログラミングで副業をしたい人のために、未経験からプログラミングを学ぶ方法についてご紹介していきます。

僕自身も37歳のときから、プログラミングを学び始めました。完全未経験からはじめましたが、副業として収入を得ることができています。

プログラミングを学べば、年齢や経験に関係なく、仕事にすることができますよ。

副業でプログラミングをやりたい方は、最後まで読んでみてください。

プログラミング未経験でも副業はできます

プログラミング未経験でも副業はできる
未経験だとプログラミングで仕事なんてできないんじゃないかと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

むしろ、副業であれば逆にプログラミングは向いています。

プログラミングが副業に向いている理由は、次のとおりです。

  • 年齢の制限がない
  • 収入が多い

年齢の制限がない

未経験の人がプログラミングで副業をするのに向いている一番の理由はこれです。

会社員として、エンジニアになろうと思ったら、年齢の壁というものが存在しますが、副業であればほとんど関係ありません。

30代、40代の人が未経験で正社員になろうとするとかなりハードルがあがりますが、副業であればありだと思います。

収入が多い

プログラミングは副業としての収入が多いのが特徴です。

仕事は、簡単な作業ほど収入が低く、難易度が上がるほど収入が高くなりますが、プログラミングはそれなりの知識や経験が必要なので、収入も高い傾向にあります。

副業に必要なプログラミング言語

副業に必要なプログラミング言語
プログラミング言語と一言でいっても、Web制作とアプリ開発で扱う言語は違いますし、その定義も一般の人とエンジニアの人とでは認識の違いもあります。

僕自身がWeb制作で副業をしているので、ここではWeb制作で必要な言語や取得する難易度についてご紹介します。

言語内容難易度
HTMLHTML(エイチティエムエル)とは、「Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ラングイッジ)の略で、Webページを作るための最も基本的なマークアップ言語のひとつです。
あなたが見ているこの文章もHTMLで書かれたものです。
※HTMLは、正確にはプログラミング言語とは異なりますが最低限の知識なので記載しています。
CSSCSS(シーエスエス)とは、「Cascading Style Sheets」 の略でスタイルシートとも呼ばれます。
CSSは、文章などに装飾をつける役割を持っています。
※HTMLは、正確にはプログラミング言語とは異なりますが、HTML同様最低限の知識なので記載しています。
jQueryjQuery(ジェイクエリ)とは、JavaScriptでできることを、もっと簡単に記述して表現できように作られたJavaScriptライブラリのことです。
PHPPHP(ピーエイチピー)とは、データベースと連携したり、クライアントから送信された情報を受け取ったりすることができる言語です。データなどを取り扱っているサービスを提供する側のサーバーで使われるという特徴があります。
JavaScriptJavaScript(ジャバスクリプト)とは、動的にコンテンツを更新したり、マルチメディアを管理したり、その他多くのことができる言語です。世の中の多くのサイトのいたるところに、JavaScriptは使われています。

WordPressもあったほうが良い

上記の言語以外にも「WordPress」についても知っておいたほうが良いと思います。

WordPressとは、簡単にWebサイトをつくるための仕組みのようなもので、世界のWebサイトの3割はこのWordPressを使ってできています。

シェアが多いので、その分案件の数も多いということになります。

プログラミングで副業するための勉強方法

プログラミングの勉強方法
未経験の人がプログラミングを学ぶ方法は、「独学する」「プログラミングスクールで学ぶ」のどちらかと思います。

独学で学ぶ方法は、本や動画などを見て自分のペースで勉強をすることができます。

一方、プログラミングスクールは、受講料こそかかるもののスクールのカリキュラムを使って、体系的に学ぶことができます。

悲報:プログラミング学習は挫折しやすい

これからプログラミングを勉強したい人にお伝えしたいのですが、プログラミングは挫折しやすいと言われています。

なぜかというと、上記のように覚える言語や仕組みが多くて、「分からないことをどうやって解決したらいいか分からない」という沼にハマってしまいやすいからです。

できるようになれば、確かに稼ぐことができるスキルですが、習得にはそれなりの時間がかかるということを覚えておいてくださいね。

おすすめのプログラミングスクールについては、下記の記事で解説しています。

»【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】

※無料でプログラミングを体験する方法
プログラミング習得までは、ある程度の期間が必要なので、まずは0円からお試しで学べるTechAcademyなどで体験してみた方が良いでしょう。いきなり全部覚えるよりも、まずはプログラミングの楽しさをしることが挫折しないコツだからです。
» TechAcademyの無料体験はこちら

プログラミング未経験者が副業をするためのコツ

プログラミングの副業のコツ
プログラミングで副業をするまでの流れをまとめました。僕もこの流れでやってきましたので、ご参考にしただけると嬉しいです。

  • プログラミングを学習する
  • Facebookで募集する
  • クラウドソーシングで案件をこなす

プログラミングを学習する

まずは、プログラミングを覚えるところから始めなければいけません。

先程ご紹介したTechAcademyなどを利用して、将来の為の投資だと思って勉強をしましょう。

Facebookで募集する

プログラミング学習を進めて、LP(ランディングページ:1ページで構成されたページのこと)などが作成できるようになったら、Facebookを使って「ホームページ作れます!」と募集をかけてみましょう。

「なぜ、Facebook?」と思うかもしれませんが、それは知り合いや友達に募集をすると作成時のハードルが下がるからです。

いきなり、知らない人と取引をするよりも、知っている人の方が融通が効いたりしますからね。

このときもお金をいただいても大丈夫ですし、実績作りのため無料で受けてしまっても大丈夫かなと思います。

クラウドソーシングで案件をこなす

少しスキルが着いてきたら、クラウドソーシングで仕事を取ってみましょう。

単価は少し安くなるかもしれませんが、5万円程度であればすぐに稼ぐことができます。

おすすめのサイトは、クラウドワークスランサーズです。ともに業界大手なので案件の多さが特徴です。

副業におすすめのサイトについては、下記の記事で詳しく解説しています。

»在宅ワークにおすすめのサイト5選【パソコン(スマホ)があればOK】

まとめ:プログラミングの副業は新しい収入源にできる

プログラミングの副業は新しい収入源にできる

今回は、未経験からプログラミングを学ぶ方法についてお話しました。

現在、エンジニアが足りないという状況でもあり、今後、プログラミングの需要は間違いないなく伸びていきます。

習得するまで少し時間はかかってしまいますが、将来的に大きな収入源のひとつとなるでしょう。

本業+プログラミングで経済的にも豊かな人生を目指していきましょう。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】


無料個別オンライン相談会はこちら