パワハラ

会社でパワハラの被害にあったら実践すべき「3つの対策」

パワハラ被害の対策

会社でのパワハラって本当につらいですよね。会社のパワハラなんて自分とは関係ないと思っていても、転職や部署異動などの環境変化で急にパワハラ被害の当事者になってしまうことも少なくありません。

特にパワハラ上司は、あなたを混乱させ、支配しようとしてきます。「パワハラの被害者はこれに対抗する方法を身につける必要がある」とは言うものの、そんな凶暴なパワハラ上司に対抗するなんてとんでもない。

言いなりになっていたほうが被害が少ないのではないか、とお考えかもしれませんね。

しかし、それでは何も解決しません。会社のパワハラ上司に支配されるということは、あなたの人生が他の誰かに支配されていることになるからです。このことは、あなたの心が一番わかっているはずです。

今回は、会社でパワハラの被害にあったら実践すべき「3つの対策」についてお話します。

いつも冷静でいること

パワハラ上司は様々な手段を使って、あなたをののしり、恐怖で支配しようとしてきます。あなたはそのことを真に受ける必要はありません。相手にしないようにすることが大切です。言いたいことは言わせておけばよいのです。

仕事のミスには十分注意すること

会社では当たり前のことかもしれませんが、今まで以上に仕事に対してはミスに気をつけなければいけません。少しでもミスをしたり、業務の遅れが伝わってしまえば、たちまちパワハラの攻撃を受けることになるからです。

パワハラ上司は仕事のミスではなく、あなたを攻撃する材料として、重箱の隅を突いて来ますので、十分に注意が必要なのです。

心にバリアを張ること

パワハラの攻撃は、あなたの心を直接攻撃してきます。その攻撃から守るためにも心にバリアを張っておくことが必要です。常識的に考えて明らかにおかしいと思うような言葉を受け付けないようにするためにです。そうすることで、あなたは自分らしさを保つことができます。

まとめ

今回は、会社でパワハラの被害にあったら実践すべき「3つの対策」についてお話しました。

会社でパワハラの攻撃を受けたとき、あなたは冷静でいなければいけません。上司の挑発に乗ることなく、じっと機会を待つのです。自分は間違ったことはしていないと自信を持ってください。実際にあなたは間違ったことはしていないはずです。

しかしながら、今回ご紹介した方法はあくまで、応急処置であるということをお伝えしておかなければいけません。なざなら、これらの方法は、会社のパワハラを根本から解決することではないからです。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】


毎週月曜配信:自分の「好き」を「仕事」にするためのメールマガジン


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる