ワークスタイル

【必見】ランサーズのプロフィール作成のコツ【初心者向け】

ランサーズで仕事をしたいんだけど、プロフィールってなんて書けばいいんだろう。分かりやすい書き方があれば知りたい!

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・ランサーズのプロフィール作成のコツ【真似しよう】
・プロフィールを6つのパートに分けて解説
・プロフィールはときどき更新するべき

本記事の信頼性
記事の信頼性

ランサーズなどのクラウドソーシングで仕事をしたい人にとって、最も大事なプロフィールの書き方についてご紹介していきます。

しっかりとしたプロフィールを作成すれば、相手に安心感を与えることができ、仕事の獲得に繋がりやすくなります。

ランサーズの始め方について、知りたい人は先に下記の記事を読んでみてください。

»クラウドソーシングの「ランサーズ」とは?評判や稼ぎ方、登録方法まで解説

前置きが長くなってしまいました。では、本題に入っていきましょう。

自分の好きなことで仕事をして、最高の人生を手に入れませんか?

まずは、お気軽に今の悩みをお聞かせください。

あなたも時間や場所に関係なく、毎日楽しく生活をすることができるようになります。

»無料で相談をする

ランサーズのプロフィール作成のコツ【真似しよう】

プロフィール作成のコツ
結論から言うと、0から考える必要はありません。

すでに上手くいっている人のプロフィールを研究して書いてしまえば大丈夫です。

ただし、あまりにも格上の人は辞めたほうがいいかもです。その人はその実力があるから成り立っているという部分もありますし、今、稼げている人も最初からそのプロフィールが書けていたかというとそんなことはないからです。

ランサーズのプロフィールを6つのパートに分けて解説

ここからは、ランサーズのプロフィールを次の6つのパートに分けて、解説していきます。

  • 写真/名前
  • 導入文〜略歴
  • 可能な業務/スキル
  • 活動時間/連絡、連絡手段〜納期
  • 実績例
  • 相場感〜最後の一言

僕と全く同じ経歴の人なんていませんし、これらの項目を一気に埋める必要はありません。書けそうなところから、少しずつ書いていきましょう。

※ちなみに、僕のプロフィールはこちらから見ることができます。

写真/名前

顔写真と名前
まずは、写真と名前についてです。

この部分については、顔出しと本名またはビジネスネームがおすすめです。

そもそもプロフィールとは、相手に「私はこういうものですよ」と安心してもらうためのものです。

ですので、なるべくは顔を出して、名前もちゃんと書いておいて方が良いです。写真についても、何の仕事をしているのかがわかるとなお良いです。

たとえば、エンジニアであればパソコンを持って写っていたり、作業をしているところだったりです。

副業などで顔出しが難しい場合は、似顔絵などのアイコンにしましょう。

たまに見かけますが、犬や猫のアイコンだとちょっと怪しいですよね。

導入文〜略歴

導入文と略歴
ますは、挨拶です。基本的なことですが忘れずに。

次に、自分がやっていること、お手伝いできることを書いておきましょう。また、ちょっとずるいのですが、自分の活動拠点を書いておくことで親近感を持たせる効果もあります。

略歴についてですが、履歴書と同じような書き方ですね。

あまりダラダラとは書かずに、過去から現在の順番で書いていきましょう。

可能な業務/スキル

可能な業務とスキル
この部分は、「今まで自分がやってきたこと」+「案件を取りたい分野」の組み合わせで書いていきます。経験年数もあると、信頼性が増しますね。

この部分は、会社でやっている(やっていた)ことでもOKです。

いきなりたくさんの項目は書けないと思いますが、ときどき更新するのだけは忘れないようにしましょう。

活動時間/連絡、連絡手段〜納期

活動時間、連絡手段、納期
活動期間なども記載しておきましょう。

特に会社員の方であれば、本業の時間帯は対応ができないと思いますので、ランサーズの仕事に当てられる時間(平日:18時以降、土日:10時〜20時など)も記載しておきましょう。

連絡手段についてですが、基本はランサーズ内のメッセージを使うかと思いますが、クライアントによっては他のチャットツールを指定してくる場合もあります。

ここでは「柔軟に対応できる」ということをアピールします。

また、納期についてですが、「早ければ早いほうが良い、遅れはNG」です。

もし納期に遅れて案件が完了しても、その次はないと思っておいたほうがおいです。ビジネスでは、約束がとても大事です。

ひとつ注意ですが、連絡手段はなるべくランサーズ内のメッセージを使ったほうが良いです。

他のチャットツールだと、クライアントとトラブルになったときにサポート対象外になる場合があるからです。詳しくは、下記の記事をご覧ください。

»【月3万円稼ぐ】ランサーズで副業する方法【初心者】

実績例

実績例
実績も漏れなく書きましょう。あなたがどんなことをやってきたのかがわかる部分です。

誰でもそうですが、最初から実績のある人なんていません。以前の僕もそうでした。

ですので、実績は少しずつ時間をかけて加えていきます。

ドラクエなんかでいうと、ひのきの棒 → はがねのつるぎ → 王者の剣、といった具合ですね。

いきなりは無理ですが、コツコツやれば必ず身についていきます。

相場感〜最後の一言

相場感と最後の一言
相場感についてですが、ここはマストではないです。

自分の報酬の目安で、ある意味自分の目標額でもあったりします。

そして、最後の一言ですね。読んでくれた方の背中を押すような感じで、一言メッセージを残しましょう。

»ランサーズで未経験者が安定的に稼ぐ方法【千里の道も一歩から】

ランサーズのプロフィールはときどき更新するべき

ランサーズに限ったことではないですが、プロフィールは少なくとも数ヶ月に一回は更新をするようにしましょう。

その間に、関わった案件や身につけたスキルがあれば追加していくというイメージです。

見返すことで、以前に書いたプロフィールの変な部分などに気づくことができたりもします。

まとめ:プロフィールは少しずつ育てていくもの

プロフィールは少しずつ育てていくもの
今回は、ランサーズの初心者の方向けにプロフィールの書き方やポイントにについてお話しました。

プロフィールは、一度書いたらそれでおわりではありません。

あなたが勉強したり、案件を獲得して成長していくのと同時にプロフィールも少しずつ育ててく必要があります。

いきなり完璧なプロフィールを書けるわけではありませんから、リラックスして取り組んでみてください。

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】

人気記事

フリーナンス(FREENANCE)のメリット、デメリットを解説【登録無料】


無料個別オンライン相談会はこちら