ワークスタイル

【働き方】在宅ワークとは?意味や仕事内容、見つけ方まで徹底解説

在宅ワークってどんなものがあるんだろう。家で仕事をするってことだろうけど、何か特別なスキルとかいるのかなぁ。

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・在宅ワークとは?
・在宅ワークのメリット・デメリット
・在宅ワークの見つけ方
・在宅ワークをはじめるために

本記事の信頼性

この記事を書いている僕はライフコーチとして活動しており、フリーランスで仕事をするようになって3年目です。


在宅ワークをやってみたい、副業として在宅ワークに挑戦してみたい人にとって、在宅ワークの仕事の内容や仕事の見つけ方をご紹介していきます。


実際に僕も在宅ワーカーとして、会社員のとき以上の収入と自由を手に入れいることができました。


在宅ワークをはじめて収入の柱を増やすことで、経済的、精神的に安定するようになります。

在宅ワークをはじめてみたい方は、ぜひ最後まで読んでください。

すぐに在宅ワークをはじめたい!という方はこちらをどうぞ。

在宅ワークにおすすめのサイト5選【パソコン(スマホ)があればOK】在宅ワークのサイト選びで困っていませんか?スキルを生かしたやスキマ時間でできるアンケートなどの内職系まで、無料ですぐにはじめられるサイトについて解説しています。サラリーマンでも主婦でも、パソコンやスマホさえあればできる在宅ワークにおすすめのサイトをご紹介します。...

在宅ワークとは?

在宅ワークとは
在宅ワークとは、スキマ時間を使って、アルバイト的に収入を得る仕事や、企業と雇用関係を持たずに個人事業主(フリーランス)として、パソコンやインターネットを使って、自宅で仕事をする働き方です。

リモートワークと似ていますが、在宅ワークが個人でおこなう仕事なのに比べて、リモートワークは、企業に属しながらオフイスから離れて仕事をすることをいいます。

リモートワークはテレワークとも言いますが、在宅ワークのことをリモートワークとも言うことがあり、この3つは、はっきりした線引きはありません。

ただ、社会一般では、フリーランスで働く人を在宅ワーカーと呼ぶことが多いようです。

内職との違いは?

内職は「家庭内労働法」といった法律の管轄下にあり、自治体で仕事のあっせんもしてもらえます。

一方、在宅ワークについての法律はなく、仕事の相談にのってもらうこともできません。

だからといって内職の方が給料が高いわけでもなく、誰がやっても内職の1時間当たりの単価はほぼ同じくらいです。

ところが在宅ワーカーは、職種やスキルによっては、1ヵ月に100万以上も稼ぐ人もいます。

内職のみで生活するのは無理と言えますが、最近ではフリーランスのみで生計を立てている人は増えてきています。

在宅ワークのメリット・デメリット

在宅ワークのメリット・デメリット
会社員として企業に属していると、たとえばカメラマンなら正社員と同等の給料をもらえますが、フリーランスになると自分で営業をしなければいけません。

上手くいけば会社員時代の年収の倍以上になることもありますが、軌道に乗らなければ半分にも満たないこともあります。

在宅ワークの仕事のほとんどは、インターネットなどを使って在宅で行うデータ入力やアンケート調査、ライティングやデザインなどです。

インターネット上での業務内容は実に様々ですが、プログラミングやエンジニア、翻訳の仕事など専門性の高い仕事ほど報酬は高くなる傾向にあります。

在宅ワーカーにも会社員と同様に、コミュニケーション能力や自己管理能力が必要です。自分自身を上手に売りこむことができる人ほど、在宅ワークのメリットを得ることができます。

在宅ワークのメリット

  • 使える時間が増える
  • 不要な出費が激変する
  • 人間関係のストレスが減る

在宅ワークは基本的に自宅で仕事をするため出勤する必要がなく、究極の職住接近となります。

通勤時間や身支度の時間がかからない分、その時間を仕事の時間や趣味の時間として使うことができます。

また、通勤用のスーツやカバン、靴、クリーニング代なども節約できます。あとは、行きたくもない会社の飲み会も行かなくていいですよね。

会社員を退職してフリーランスとなった人の中には、上司や同僚との人間関係が原因で退職した人もいるでしょうが、人間関係の煩わしさに悩まなくてもよいのもメリットのひとつです。

在宅ワークのデメリット

  • 収入が安定しない
  • コミュニケーション能力が必要
  • 運動不足になりがち

在宅ワークは自由度が高いかわりに、自己管理が上手くできないと思うように収入を得ることができません。

フリーランスとして生活する場合も、スキマ時間を利用してアルバイト的に収入を得る場合も同様です。

会社勤めやアルバイトだと上司がや先輩が見ているため、サボるわけにはいきませんが、自分に甘い性格だと、納期に間に合わせることができないなど、仕事に支障が出てしまいます。

また、クライアントと直接会うことが少ない仕事が多いため、コミュニケーションをとるためのメールやチャットワーク、動画、スカイプなどのツールを使いこなすのも慣れないと時間がかかってしまいます。ネット上で仕事ができるメリットとともにデメリットとも言えます。

他にも仕事に追われ1日中デスク仕事が続くと、運動不足になりがちです。

疲れ目や腰痛、下肢のむくみなど身体的な不調に悩ませられるのも在宅ワークのデメリットです。

在宅ワークの見つけ方

在宅ワークの見つけ方
在宅ワークは求人雑誌や求人サイトから探すことができます。

一番簡単な方法は「在宅ワーク」で検索をかけ、そこから希望の職種を探します。

クラウドソーシングサービスでは、クラウドワークスランサーズがよく知られています。

専門知識がなくても副業としてスキマ時間に稼げるのが、データ入力やWebライターの仕事です。

その中でもWebライターの仕事は特に専門知識がなくても、子育てや介護の体験などの記事を書く身近な募集などもあるので、取り組みやすい在宅ワークのひとつです。

Webライターになる方法ついては、こちらの記事【解説】在宅ワークでライターになる方法【おすすめサイトあり】をご覧ください。

【未経験OK】在宅ワークでライターになる方法【おすすめサイトあり】【初心者向き】在宅ワークでライターをやってみたいと思っていませんか?ライターについての仕事内容や収入、仕事をするためのおすすめサイトや読んで欲しい書籍などをご紹介しています。今回は、在宅ワークでライターを目指す方に必要な知識についてお話します。...

在宅ワークをはじめるために

在宅ワークをはじめるために
エンジニアやデザイナー、翻訳など、仕事によっては専門知識や資格がないと難しい仕事もありますが、特に資格がなくてもできる仕事は数多くあります。

ただ、ぶっちゃけそういった仕事は単価が安いので、在宅ワークだけで食べていくのは少し難しいのが現実です。

しかし、かつて取得した資格があればもう一度勉強するなどして、専門性をウリにすると、かなりの収入を得ることも可能です。

基本的に在宅ワークは一人で仕事を進めるので、マイペースにコツコツ仕事がしたい人におすすめです。

在宅ワークにおすすめのサイト5選【パソコン(スマホ)があればOK】在宅ワークのサイト選びで困っていませんか?スキルを生かしたやスキマ時間でできるアンケートなどの内職系まで、無料ですぐにはじめられるサイトについて解説しています。サラリーマンでも主婦でも、パソコンやスマホさえあればできる在宅ワークにおすすめのサイトをご紹介します。...

まとめ

今回は、在宅ワークの意味や仕事内容、見つけ方をご紹介しました。

在宅ワークは自宅にいながらできる魅力的な仕事です。

専門的知識や資格がなく始めて在宅ワークをする場合は、比較的誰でもチャレンジできるクラウドソーシングのWebライターの仕事からはじめてみるのがおすすめです。

最初は単価が低くく納期があり、クオリティも要求されますが、これはメリットでもあります。なぜなら、人はある程度の縛りがないと、自己管理をするのが難しいからです。

在宅ワークを始めるなら、まずは自分の得意な分野や興味のある分野にチャレンジし、少しずつスキルアップしていきましょう!

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】


無料個別オンライン相談会はこちら


こちらも読まれています
ワークスタイル

企業の人材採用の真実。個人のブランド化が求められる時代へ

2018年5月6日
自分らしい働き方と好きを仕事にするためのオンラインスクール|FinS 未来創心塾
昨今、TOEICや簿記に代表されるいわゆる資格ブームと言われて久しいですよね。 ひょっとしたら、あなたも忙しい時間の合間を縫って、英語 …