ワークスタイル

【必見】仕事が面白くないと感じたときにやるべき「3つのこと」

「昔は楽しかったのに最近、仕事が面白くない」
「40代を目前にして、仕事が楽しくなくなってきた」
「つまらない仕事がばかりでこの先どうなってしまうんだろう」

こんな悩みにお答えします。

この記事を読めば、仕事が面白くないと感じる理由とその対処法、面白くないと感じたときにやってはいけないことについて解説しています。

今回は、【必見】仕事が面白くないと感じたときにやるべき「3つのこと」についてお話します。

仕事が面白くないと感じる4つの理由

仕事が面白くない理由
まず、なぜ仕事が面白くないと感じるのでしょうか。

理由は次の4つです。

  • 職場の人間関係
  • 成長できない
  • 評価されない
  • 仕事の内容が合わない

順番に解説していきます。

職場の人間関係

仕事の内容に対してやりがいがあったとしても、職場の人間関係に不満があるような場合には仕事がつまらないと感じてしまうこともあります。

特に上司のパワハラなどの状況に置かれると、仕事がつまらないだけでなく、会社に行くこと自体がつらく感じてしまうこともあります。

成長できない

会社や業界の成長性ということも関係していきますが、仕事そのものが単調でつまらない。同じことの繰り返しでスキルが身につかない。といったことも仕事が面白くなくなる原因となります。

評価されない

どんな仕事であれ、会社や上司から正しく評価されないということも仕事が面白くなくなる要因となります。

努力をしても報われない、だから、モチベーションも上がらないとうこともあるでしょう。

一方、正しく評価されれば、次も頑張ろうと思えるようになり、さらに努力をしよい結果が出せるという好循環が生まれます。

仕事の内容が合わない

「周りの人も頑張ってるから自分も頑張らないと」と思ってはいるものの、どこか面白みを感じられずにヤキモキしていませんか。

ひょっとしたらあなたは今の仕事が向いていないだけかもしれません。

向いていない仕事をいくら頑張ったとしても上手くいくはずもなく、つまならいと感じてしまうでしょう。

自分の向いている仕事について詳しく知りたい方は、こちらの記事好きなことだけで生きるために必要な「8つのポイント」も併せてご覧ください。

好きなことだけで生きるために必要なポイント8つ【もっと自分らしく】あなたは、好きなことで生きていこうと思ったら何が必要だと思いますか。結論から言いますと、まず最初にやるべきことは「なぜ、その仕事がしたいのか」ということです。この記事では、好きなことだけで生きるためのヒントを8つご紹介しています。3分で読める記事ですので、ぜひ、ご覧ください。...

仕事が面白くないときにやってはいけない3つのこと

やってはいけないこと
「仕事がつまらないから、なんとかしたい」と思ってすぐに行動に移そうと思ったあなたは素晴らしいと思います。

しかし、僕も経験してきたのですがいくら行動をしても正しい行動を取らないと余計に仕事がつまらなくなってしまう場合もあります。

ここでは、仕事がつまらないと感じたときにやってはいけない行動をご紹介します。

我慢する

「今の状態は、長くは続かないからもうしばらく我慢しよう」とお考えかもしれません。

しかし、今の環境というのは、あなた自身の行動とあなたの周りの環境が組み合わさってできたものです。

あなたの周りの環境を変えるということは難しく、無理と言っても過言ではないでしょう。

つまり、今の状況を変えるにはあなた自身が行動するしかないということです。

職場の同僚に相談をする

同じ職場の同僚であれば、仕事の内容がわかっているし話しやすいと思うかもしれませんが、相談相手としては相応しくありません。

社内であなたが「やる気が無い奴だ」というレッテルが貼られる可能性もありますし、同僚もあなたと仕事がつまらないと思っているかもしれません。

そんな同僚に相談をしても共感は得られるかもしれませんが、解決に至ることはないでしょう。

すぐに転職をする

今の環境というのは、あなた自身の行動と周りの環境が組み合わさってできたものというお話をしました。

つまり、今の状況を変えるにあなた自身が違う環境に行くというも大切な選択肢のひとつです。

しかし、環境を変えたいからといってすぐに転職をすればいいかというとそうではありません。

以前の僕もそうでしたが、転職がすぐに決まらず焦ってしまうと今よりもさらにひどい状況になる可能性もあるからです。

転職することは環境を変える上でとても効果がありますが、自分のしたいことや好きなことを見つけた上でその仕事をするということが重要です。

»【動画セミナー】大好きなことで仕事をするための「25の質問」

仕事が面白くないときの対処法3選

対処方法
ここから、仕事が面白くないと感じたときにやって欲しい3つの対処法についてお伝えします。

期限を決める

つまらない、面白くないという状況が続いて最もつらいと感じるのは、終わりが見えないということです。

ゴールのないマラソンを想像していただけるとわかるかなと思います。

「あと一ヶ月して何も変わらなければ、転職活動を始めてみよう」といった具合に、期限を決めることでモチベーションの低下を防ぐことができます。

好きなことに時間を割く

「転職はちょっと…」という方には、自分の趣味や好きなことに時間を割くということも大切です。

平日は仕事ばかりで、休日は寝て終わり。なんてことになっていませんか。

最近は忙しくてできていなかったこと、以前からやってみようと思っていたことを始めるのも人生を楽しくするための要素となります。

相談をする

最後は相談をするということです。

これは、社内の同僚ではなく社外の人を指します。

社内という閉鎖された空間だとどうしても気づきにくいのですが、世の中には生き生きと仕事をしている人がたくさんいます。

相談をするっていうことが少しハードルが高いなって感じたら、そんな人たちと触れ合ったり、話をすることで間違いなくあなたの仕事や人生にも良い影響が出るでしょう。

生き生きと仕事をしている人たちは、セミナーや個別相談をやっていたり、YouTubeやTwitterなどの配信、ブログや書籍なども行っている可能性が高いです。

なんでもいいので、まずは一歩近づいてみるということをやってみてください。

まとめ

今回は、【必見】仕事が面白くないと感じたときにやるべき「3つのこと」についてお話しました。

楽しかったことがある日を堺に面白くなくなるということは、多くの人が感じることであり、あなただけの問題ということではありません。

そのように仕事が面白くないと感じたということは、一旦、自分の仕事を見つめ直すいいタイミングだと思っています。

焦ることはありませんので、一旦立ち止まってみてゆっくりと考えてみてくださいね。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】


無料個別オンライン相談会はこちら