ワークスタイル

【初心者】クラウドソーシングのデータ入力とは【注意事項あり】

クラウドソーシングのデータ入力ってどんな仕事なんだろう?バイト感覚で副業してみたいけど、詳しく知りたい!

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・クラウドソーシングのデータ入力の仕事とは?
・クラウドソーシングでデータ入力を副業にする3つの理由
・データ入力の収入や相場はどれくらい?
・クラウドソーシングでのデータ入力の具体的なやり方

本記事の信頼性

この記事を書いている僕はクラウドソーシング歴は5年ほど。
ランサーズでは最高で月30万円以上稼いでいる認定ランサーです。

これからクラウドソーシングで副業をしたい人にとって、データ入力の仕事内容についてご紹介していきます。

認定ランサー

僕もクラウドソーシングのランサーズで認定ランサーとして案件を受注しているので、クラウドソーシング初心者の方には参考になるかと思います。

クラウドソーシングは、副業として始めやすいのですぐに稼げるようになりますよ。

クラウドソーシングでデータ入力の仕事を考えている人は、最後まで読んでくださいね。

自分の好きなことで仕事をして、最高の人生を手に入れませんか?

まずは、お気軽に今の悩みをお聞かせください。

あなたも時間や場所に関係なく、毎日楽しく生活をすることができるようになります。

»無料で相談をする

クラウドソーシングのデータ入力の仕事とは?

データ入力の仕事とは
クラウドソーシングで行うデータ入力の仕事とは、発注者から渡されたデータに基づき、データを決められたフォーマットに打ち込むことです。

データ入力の仕事内容は、大きく分けて次の2つです。

  • 単純データ入力
  • テープ起こし

単純データ入力

単純データ入力とは、住所や連絡先、論文内容をwordやexcelに打ち込んでいく仕事です。また、案件によってはWeb上にある情報を集めて、入力していくものもあります。

情報を入力するだけの簡単な作業が多く、時間もあまり掛からない仕事内容が多いのが特徴です。

テープ起こし

テープ起こしとは、聞いた音声を文字に書き起こす仕事です。インタビューや会議、座談会のテープ起こしなど様々あります。

作業としては聞いた内容を入力するだけですが、長時間の録音データを書き起こす仕事であれば、その分収入を増やすことも可能です。

クラウドソーシングでデータ入力を副業にする3つの理由

データ入力を副業にする理由
クラウドソーシングでデータ入力を副業にする理由は以下のとおりです。

  • 初心者、未経験でもできる
  • 自由な時間で働ける
  • 在宅で仕事ができる

ひとつずつ見ていきましょう。

初心者、未経験でもできる

ひとつめは、初心者、未経験でもできるということです。

クラウドソーシングと聞くと、「なんだか難しそうで、スキルや実績がないとできない仕事ばかり」だと思うかもしれませんが、実際はそうでもないです。

住所録をexcelにまとめるといった特別なスキルがなくてもできる仕事もたくさんあります。

自由な時間で働ける

通常、アルバイトとなると、決まった時間に、時給いくらといった感じで働くものですが、クラウドソーシングを使えば自分の好きな時間に働くことができます。

たとえば、子育てで忙しく空いている時間は夜の1時間だけであれば、1時間で終わる内容の仕事を受けることができますし、逆に時間のあるときは多めに仕事を受けるという具合に調整ができます。

在宅で仕事ができる

データ入力の仕事は、専用のソフトなどは必要なくパソコンやスマホがあればできる仕事です。

「会社では副業はやりづらい」「子育てで家から中々出られない」と思っている人でもおすすめの副業といえます。

データ入力の収入や相場はどれくらい?

データ入力の収入と相場
データ入力の収入は実際どれくらいあるか気になりますよね。

クラウドソーシングでの報酬の受け方は、大きく分けて「固定報酬」と「時間報酬」があります。

「固定報酬」と「時間報酬」

固定報酬は、ひとつの仕事に対して、報酬が決まっているものを指します。

クライアントの指示に従ってデータを入力して、何円とった具合です。1件辺り、数円〜数百円のものが多いです。

時間報酬は、時間に対して報酬が決まっているものです。こちらは、アルバイトに近い感覚で、1週間に何時間といった形で決められています。

注意:簡単だけど単価は低い

データ入力の仕事はタイピングさえできれば可能な仕事です。

難易度が低い仕事であるため、単価が低い傾向にある点を注意しておきましょう。

僕としては、最初はデータ入力などで仕事の流れを覚えたら、次はライティングなどのより単価の高い仕事にトライした方がいいと思っています。

同じ時間を使うのであれば、収入は多いに越したことはないですからね。

»【未経験OK】在宅ワークでライターになる方法【おすすめサイトあり】

クラウドソーシングでのデータ入力の具体的なやり方

データ入力の仕事を始めるための方法は次の3つのステップで完了です。

  1. クラウドソーシングサイトに登録
  2. プロフィールを入力
  3. 仕事に応募する

クラウドソーシングサイトに登録

まずは、クラウドソーシングサイトに登録をしましょう。

どのサイトがいいの?と思うかもしれませんが、ランサーズクラウドワークスに登録をしておけば間違いないです。

2つともクラウドソーシングで最大手ですので安心できます。

プロフィールを入力

次に、プロフィールを入力します。

できる仕事の内容や経験など書いておくと、クライアントからの信頼も上がり案件が取れやすくなります。

仕事に応募する

いよいよ応募です。データ入力の仕事であれば、検索窓に「データ入力」と入力すればたくさん出てきます。その中から自分ができそうなものを選びましょう。

下記の記事でランサーズの登録方法について詳しく解説しています。他のクラウドソーシングサイトにも応用が効くので参考にしてみてください。

»クラウドソーシングの「ランサーズ」とは?評判や稼ぎ方、登録方法まで解説

まとめ:クラウドソーシングのデータ入力は初心者におすすめ

データ入力は初心者におすすめ
今回は、クラウドソーシングのデータ入力の仕事についてお話しました。

クラウドソーシングと聞くと少し難しいイメージもありますが、仕事内容としては比較的簡単で初心者、未経験でもチャレンジしやすい仕事です。

クラウドソーシングを初めて使う人は、肩に力をいれず、お試しの気持ちでやってみてくださいね。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】


無料個別オンライン相談会はこちら