パワハラ対策

【脱社畜】仕事のパワハラが原因で、会社に行きたくないときの豆知識

会社に行きたくない

「休み明けで会社に行きたくない」「職場の人間関係に悩んでいて会社に行くのが億劫だ」「疲れていて、身体が思うように動かない」と、毎週月曜日がくると思い悩んでしまったことはありませんか。

先日、こんなツイートをしました。

「会社をバックレるのは大丈夫ですか?」

という質問がありましたが、答えは「NO」です🙅‍♂️

つらくて、大変でも会社を辞める旨は伝えておきましょう🙋‍♂️

場合によっては、懲戒解雇という今後の転職活動に影響が出るようなケースもあるからです。

会社に行きたくない、行くのがつらいと思うことは決して特別なことではありません。

とはいえ、パワハラのような本当につらい状況だとどうすればよいのか分からなくなってしまうと思います。

そんな悩みにお答えします。

今回は、【脱社畜】仕事のパワハラが原因で、会社に行きたくないときの豆知識についてお話します。

仕事に行きたくないと思ったらどうする?

会社に行きたくないなぁ
仕事に行きたくないほど、体調が優れない場合もありますよね。

しかし、真面目なあなたは「会社に行けばなんとかなる」と思って、無理をしていませんか。

もし本当に体調が優れないようであれば、休んでしまっても大丈夫です。「休むと他の人に迷惑がかかる」とお考えかもしれませんが、そんなことはありません。

あなたの会社で他の人が会社を休んだことはありませんか。そのときを思い出してみてください。会社は誰かが休んでも、まわるようにできています。

首相や国の大統領でさえ、休んだとしても替えがきくのです。会社の従業員がひとり休んだとしても、それほど大事になるはずがありません。

仕事のパワハラはどこから?

仕事のパワハラ問題を難しくさせている理由のひとつに、「どこからがパワハラなのか」といった線引の問題があります。

厚生労働省では、職場のパワーハラスメントについて、次のような定義を設けています。

同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為

つまり、先輩や上司といった立場や知識の豊富さを盾に、業務の範囲を超えて精神的・身体的にいじめつける行為のことを指します。

パワハラの基準については、もっと知りたい方は【動画付き】パワハラ(パワーハラスメント)の定義と6つの分類をご参照ください。

パワハラで退職はあり?

退職願を出す
体調が優れずに仕事を休むことができれば、リラックスをすることで体調もある程度回復するでしょう。

しかし、仕事を休むことと会社のパワハラがなくなることは別の話です。

「パワハラで退職することは、忍耐力がないって思われるんじゃないか」

と不安になるかもしれません。

結論から言いますと、パワハラで退職するのは「あり」です。

パワハラのような行為は、日に日にエスカレートしていき、一時しのぎで仕事を休むことができたとしても、ずっと休むことは難しいでしょう。

体にムチを打って仕事に行ったとしても、行く行くはうつ病のような精神疾患を患ってしまうのは時間の問題だからです。

もし、あなたが退職をお考えであれば、こちらの記事専門家が解説!パワハラで退職するときの5つのポイントが役に立つかもしれません。

正直、会社をバックレたい場合

一日でもすぐに、会社を辞めたい、逃げ出したい、というほど追い詰められることもあるでしょう。

そんなとき、「いっそのことバックレてしまおうか」と頭をよぎったことがあるかもしれません。

もし、会社をバックレてしまうとどうなってしまうのでしょうか。

続いて、会社をバックレた場合のリスクについて解説します。

会社をバックレるとクビになる?

クビになった?
厚生労働省は次のような行政通達を明示しています。

原則として2週間以上正当な理由なく無断欠勤し、出勤の督促に応じない場合は、所轄労働基準監督署長の認定を受けた上で即時解雇ができる

つまり、2週間以上、無断欠勤が続くと会社はその従業員をクビにできるということです。

もちろん、パワハラや精神疾患のような状態で連絡できない場合は、正当な理由には該当しませんし、会社側も2週間たったらすぐに解雇できるというわけではありません。

なお、正当な理由がなくバックレにより、会社をクビになってしまった場合は「懲戒解雇」という処分になってしまい、退職金の減額、または支給なしといったものや、次の転職などに大きく影響が出てしまうのは言うまでもありません。

パワハラが原因で退職を考えている場合は、会社に対して退職の旨を伝えたほうが良いでしょう。

補足:懲戒解雇とは
懲戒解雇(ちょうかいかいこ)とは、会社が従業員に対して与える罰則のことです。

社内の秩序を著しく見出した行為に対して科せられるもので会社から従業員に対して与える罰則の中では最も大きいものです。また、公務員の場合は懲戒免職(ちょうかいめんしょく)と言います。

退職したいと言い出せない場合

EXIT
「退職したいけどできない」「バックれるのも後々困る」という状況もあるでしょう。

その場合は、「退職代行」というあなたの代わりに、退職の旨を会社に伝えてくれて、手続きを進めてくれるというサービスもあります。どうしても困った場合は利用しても良いかもしれません。

退職代行なら「EXIT」| 会社からの非常口はこちら

まとめ

今回は、【脱社畜】仕事のパワハラが原因で、会社に行きたくないときの豆知識についてお話しました。

会社に勤めていると、給与や社会的な保証がある代わりに、業務や人間関係において嫌なこと、苦手なことはどうしても存在します。

そうは言っても、心身が疲弊してまで働く必要もないと思っています。

つらくなったら、立ち止まってもいいですし、場合によっては逃げてしまっても良いと思います。やりたくなったら、できるようになったら、また始めればいいんです。

□原田彗資の公式YouTubeはこちら

毎日が楽しくなる人生を送るための
最初の一歩を踏み出す

パワハラを解決するための
無料レポートはこちら


□毎週月曜配信:『パワハラ・モラハラの悩みを解決するためのメールマガジン』





無料メルマガ登録フォーム

お名前 *
メールアドレス *

職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者の人への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる