ストレス

5月病対策。うつ病にならないための秘策3選

ゴールデンウィーク明けの会社は憂鬱ですよね。

あなたも楽しかった連休も終わり、また満員電車に揺られながら職場に向かっているのではないでしょうか。このゴールデンウィーク明け頃から、世間では「5月病」という言葉を良く耳にします。

5月病になると「食欲の低下」「気分が乗らない」「仕事に集中できない」「夜寝付けない」といった症状が出てくるのですが、5月病はうつ病の予備軍とも言われ、この状態が長引くと、うつ病にもなり兼ねないのです。

今回は、そんな5月病からうつ病にならないための秘策についてお話します。

他人との交流を大事にする

会社であれば同僚であったり、専門のカウンセラーを通じてあなたの悩みや不安、ストレスを和らげる効果が見込めます。一人で思い悩んでいると解決できないことも他人の知恵を借りることで、解決できることが世の中には多く存在するからです。

身体を動かす

この身体を動かすということもストレスを発散させ、うつ病への予防になることは有名です。仕事で気を張っている神経と、運動をするときに使う神経は異なるのです。

この2つの神経をバランス良く使うことで、リラックスした状態を作り出すことができるのです。趣味のスポーツやジムへ行くのも良いでしょう。

もしあなたが時間がないというのであれば、帰りの電車を一駅分だけ歩いてみるというのも効果があります。

深呼吸をする

これは直ぐにできる方法です。ストレス状態が続いているとどうしても呼吸が浅くなってしまいます。

呼吸が浅いと血液中の酸素の量を減らし、身体が緊張し、ますますストレスを溜めてしまうということになってしまいます。あなたが心のストレスを感じているようでしたら、一旦、仕事の手を休め、深呼吸を繰り返しましょう。

そうすることで、身体の緊張がほぐれていくことを感じることができるはずです。

まとめ

今回は、5月病からうつ病にならないための秘策についてお話しました。

「5月病だから、大丈夫」と言って放っておくと、場合によってはうつ病になってしまう可能性もあります。調子が悪いと感じたなら、今回ご紹介した方法を試してみてください。

うつ病は、パワハラなどの精神的なストレスにより引き起こされることが多いとされています。今回ご紹介した方法は、そのような精神的なストレスにも有効とされています。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】


毎週月曜配信:自分の「好き」を「仕事」にするためのメールマガジン


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる