ワークスタイル

起業の準備。会社を辞める前に聞いて欲しい「2つの問い」

起業をするときって、どんな準備が必要でしょうか。

いきなり会社を辞めるのも不安だし、まずはお金を貯めよう。または、独立するためには資格が大事だと、仕事の合間をぬって勉強をしているかもしれませんね。

どちらもとても大切なのですが、まずは、次の質問に答えることができますか。

「なぜ、その仕事がしたいのですか」
「なぜ、他でもないあなたがやるべきなのですか」

今回は、会社を辞める前に聞いて欲しい「2つの問い」についてお話します。

「儲かりそう」では続かない

あなたは、なぜその仕事がしたいのですか。単に流行っているから、とか、儲かりそうだから、と言った気持ちであれば事業が軌道に乗るまでの厳しい道のりを超えることはできないでしょう。

もちろん、起業までのプロセスを楽しんだり、経済的に満たされようとすることは否定はしませんが、それを一番の目的にしてはいけません。

問題に対する強い「思い」はあるか

なぜ、他でもないあなたがそのビジネスをやるのですか。

誰かの課題や悩みを解決しようとするとき、ビジネスが生まれます。その課題や悩みに対して、強い問題意識を持っていることが成功するための必要条件なのです。

あなたがこれまで歩んできたストーリーがあなたの事業の戦略となる
アンドリーセン・ホロウィッツ共同経営者 ベン・ホロウィッツ

まとめ

今回は、会社を辞める前に聞いて欲しい「2つの問い」についてお話しました。

世の中には、開業一ヶ月で月収100万円や一日30分のパソコン作業で年収1000万といった謳い文句の詐欺まがいのような起業・副業情報が出回っていますが、少し考えてみてください。

もしそれが本当であれば、あなたの周りにはたくさんの億万長者が溢れているはずですよね。

起業には、生まれも学歴も年齢も関係ありません。強い意志がありさえすれば、誰でも起業をすることができます。ただし、成功するための起業の準備として、次の質問に答えることが必要なのです。

「なぜ、その仕事がしたいのですか」
「なぜ、他でもないあなたがやるべきなのですか」


毎週月曜配信:自分の「好き」を「仕事」にするためのメールマガジン


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる