うつ病

他人事ではない!ネプチューン名倉潤にみるうつ病になりやすい人の特徴

うつ

先日、人気お笑いトリオのネプチューンの名倉潤さんが、うつ病のため2ヶ月間休養をされるというニュースがありました。

直前までテレビに出ている名倉さんを見て、なんか元気がないと心配をされた方も多いのではないでしょうか。

名倉さんがうつ病となったのは、2018年6月に頸椎(けいつい)椎間板ヘルニアの手術を行った後の侵襲(しんしゅう)という普段の生活にはないストレスを抱えてしまったことが原因と言われています。

椎間板ヘルニアは現代人では決して珍しいことではありません。では、なぜ名倉さんはうつ病になってしまったのでしょうか。

実は名倉さんだけでなく、うつ病になりやすい人には共通する点があるのです。

今回は、他人事ではない!ネプチューン名倉潤にみるうつ病になりやすい人の特徴についてお話します。

うつ病になりやすい人の3つの特徴

うつ病になりやすい人の特徴
同じようなストレスが大きい状況におかれてもうつ病になりやすい人とそうでない人がいます。うつ病になりやすい人の特徴は大きく分けて次の3つあります。

  • 几帳面で真面目
  • 場の空気を乱すことを嫌い、衝突を避ける
  • 自分に厳しく、責任感が強い

順番に解説していきます。

几帳面で真面目

うつ病になりやすい人の傾向に、几帳面で真面目ということがあげられます。

しかし、人間誰しも完璧ではありません。几帳面で真面目な自分と完璧な状態を達成できない自分との間にストレスを抱えてしまうこともあります。

場の空気を乱すことを嫌い、衝突を避ける

優しい性格の持ち主であるため、周囲との衝突を避けようとします。

会社や職場においても対立を嫌い、周りとの調和を重んじる傾向があります。その性格がゆえ、自分の力ではコントロールできないようなことに出くわすと人一倍ストレスを抱えやすい性格であるといえます。

自分に厳しく、責任感が強い

うつ病になりやすい人の性格に、自分に厳しく、責任感が強いということがあります。

その責任感の強さが人に頼ることができずに全てを抱え込み、自分で自分を追い込んでしまうのです。

補足ですが、このような性格の持ち主をちょっと専門的にいうと「メランコリー親和型性格」といいます。

まとめ

今回は、他人事ではない!ネプチューン名倉潤にみるうつ病になりやすい人の特徴についてお話しました。

うつ病になりやすい人の性格には、共通点があります。この性格の持ち主は決して悪人ではなく、社会的にみると模範となるような人でしょう。

名倉さんにおいても、真面目で、責任感が強いということが原因で、色々と抱え込んでしまったのかもしれません。

名倉さんがまた元気な姿でテレビの前に登場してくれることを心よりお待ちしています。

□原田彗資の公式YouTubeはこちら

毎日が楽しくなる人生を送るための
最初の一歩を踏み出す

パワハラを解決するための
無料レポートはこちら


□毎週月曜配信:『パワハラ・モラハラの悩みを解決するためのメールマガジン』





無料メルマガ登録フォーム

お名前 *
メールアドレス *

職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる