「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」はパワハラでも起こりうるのか

2018.02.26 (月)
PTSD

あなたは、「PTSD(Post Traumatic Stress Disorders)」という言葉を聞いたことがありますか。

 

Wikipediaによると、

 

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)は、命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である。

 

と書かれています。

 

一般的には、戦争や災害被害などで発症することが多いのですが、場合によってはパワハラやモラハラでもこの症状が現れるのです。

 

今回は、「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」はパワハラでも起こりうるのかについてお話します。

 

無料メール相談はこちら

 

パワハラが終わったあとも、その影響は続く

近年、パワハラによって離職を余儀なくされるケースが多発しています。問題はそれにとどまらず、パワハラの被害者は、その心に傷を負ってしまいます。

 

被害にあっていたときと同じような状況を見ると過去を思い出し、イライラして集中力が欠けたり、拒食症や不眠、睡眠障害、パニック等の症状を引き起こすことさえあるのです。

 

こうした状況は、著名人などをメディアが取り上げるなど表面化しているのはごく一部で、多くの人が知らないところでパワハラによる被害でトラウマに悩まされている被害者が蔓延しているのが実態です。

 

また、被害者は当時の状況を思い出さないようにするため、似たような状況を避けるような行動をとるようになり、それが原因で今まで大切にしてきたことをしなくなったり、感情の表現が乏しくなったりもします。

 

つらい状況は誰でも立ち直れる


もし、パワハラやモラハラが原因で、PTSDやそれに似たような状況に陥ってしまったら、もう諦めてしまうしかないのでしょうか。

 

そんなことはありません。他に夢中になる仕事や趣味を見つけることで、このようなつらい状態から抜け出し、軽活することもできます。必要なのは、あなた自身の心のケアです。

 

以前の私もこのような状態で悩まされました。今はかなり改善されましたが、会社を退職したあとでも、iPhoneの「着信音」がその引き金となっていました。

 

自分の携帯の着信音は変更していましたが、テレビやCM、または他の人が遣っているiPhoneからその「着信音」が鳴り響いた時、当時の上司からの恐ろしい記憶が蘇り、反射的に胃が痛くなり、息苦しい思いをしてきました。

 

そんな中、自分のやりたいことを繰り返すことで、自信もつき、今では人生の目的ややりがいを見出すことができるようになりました。つらい状況はずっと続くことはありません。

 

長く先の見えないトンネルの中にいるような感覚ですが、「絶対に終わらせる」という気持ちを忘れないことが大切なのです。

 

実際に心に傷を負ってしまったらそうすればよいのか

パワハラで受けた心の傷により、被害者は精神的にもろく、体調も崩しやすくなったり、人も疑いやすくなってしまうのです。パワハラの被害でこのような症状がある方は社外のコミュニティに参加することをオススメします。

 

パワハラを受けて、PTSDのように心の傷を負ってしまったあと、特に被害者に辛いのは、同じ苦痛を再び体験するということでしょう。

 

人前で罵倒されたことを何度も思い出したり、ある言葉や場所などが原因でそのときの状況を思い出す、夜眠った後でも夢の中にその出来事が出てくるということもあります。

 

このようなPTSDの症状を和らげるためには、社外の誰かと話をして、共感を得ることにより「自分のような人間はひとりではない」と感じることが大切です。

 

ポイントは「社外」ということです。同じ会社の人間でも話をすることは可能ですが、共通の上司の話題や話のテーマにより、あなたの辛い記憶が蘇ってくるだけに終わってしまうことにもなりかねません。

 

一方、社外の人間であれば、客観的にものごとを見てくれます。また、その人自身の苦労話を聞くことで、今のあなたへの解決の糸口が見つかる可能性が飛躍的に高まるからです。

 

無料メール相談はこちら

 

まとめ

今回は、「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」はパワハラでも起こりうるのかについてお話しました。

 

パワハラによる影響はたとえ身体的な傷がなくとも被害者の心に傷を負わせ、PTSDのような症状を与えることもあります。

 

当時と似たような状況を避け、その思い出と直面するようなことがあればそこから逃げ出してしまうのです。まずは逃げることで、第一歩を踏み出しましょう。このような症状で、10年、20年経っても苦しんでいるということはほとんどありません。

 

しかし、いくら時間が解決してくれるとは言え、被害者に対して、長期間にわたって影響を及ぼし続けるということには間違いないでしょう。だからこそ、パワハラやモラハラからは一刻も早く脱出する必要があるのです。

 

もしあなたが今、パワハラでお悩みなら、こちらの「パワハラの専門家による心が楽になるカウンセリング」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

私自身もパワハラで悩み、辛い経験をしてきました。だからこそ、あなたの気持ちに共感してあげることができるはずです。

 

□原田彗資の公式YOUTUBEはこちら

 

 毎日が楽しくなる人生を送るための  最初の一歩を踏み出す

 

パワハラを克服するためのレポートを手に入れる

 

 

————————————————————————————————————————-
□毎週月曜配信:『パワハラ・モラハラの悩みを解決するためのメールマガジン』はじめました

無料メルマガ登録フォーム

お名前 *
メールアドレス *


————————————————————————————————————————-

 

パワハラの悩みに関する相談は『未来創心塾』のトップページに戻る

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」はパワハラでも起こりうるのか

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

050-5438-8642

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP