ストレス

「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」はパワハラでも起こりうるのか

あなたは、「PTSD(Post Traumatic Stress Disorders)」という言葉を聞いたことがありますか。

WikipediaによるとPTSDとは次のように書かれています。

心的外傷後ストレス障害(しんてきがいしょうごストレスしょうがい、Post Traumatic Stress Disorder、PTSD)は、命の安全が脅かされるような出来事(戦争、天災、事故、犯罪、虐待など)によって強い精神的衝撃を受けることが原因で、著しい苦痛や、生活機能の障害をもたらしているストレス障害である。

正直、あまり聞き慣れない言葉ですよね。

一言でいうと、強烈なストレスが原因で、その後の生活に影響がでるというものです。

PTSDとは一般的に戦争や災害被害などで発症することが多いのですが、場合によってはパワハラやモラハラでも同じ症状が現れるのです。

聞いたことないような病名だとまるで、不治の病に聞こえてしまいますがご安心ください。つらい状況に追い込まれ、自信を完全に失ったとしても立ち直ることは可能です。

今回は、「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」はパワハラでも起こりうるのかについてお話します。

パワハラが終わったあとも、PTSDの症状は続く


近年、職場の上司によるパワハラによって退職、休業を余儀なくされるケースが多発しています。

パワハラが原因で退職、休業に追い込まれることも問題ですが、さらに大きな問題はパワハラの被害者がその心に傷を負ってしまうということです。

PTSDになってしまうと、被害にあっていたときと同じような状況、たとえば「人の怒鳴り声を聞く」「机を叩くような音が聞こえる」といったシチュエーションに出くわしてしまうと、たとえ自分が責められていなくとも過去を思い出して集中力が欠けたり、不安を覚えたりすることがあります。

あまりに重度のPTSDですと、拒食症や不眠、睡眠障害、パニック等の症状を引き起こすことさえあるのです。

しかし、こうした悲惨な状況は著名人などをメディアが取り上げてニュースにしている部分は、PTSD被害全体のごく一部に過ぎません。

その他多くの人が知らないところでパワハラの被害によって、トラウマに悩まされているのが実態です。

また、被害者は当時の状況を思い出さないようにするため、過去に経験したようなつらい状況を避けるような行動をとるようになります。

それが原因で今まで大切にしてきたことをしなくなったり、笑う、喜ぶなどの感情の表現が乏しくなったりもします。

【克服可能】つらい状況は誰でも立ち直れる


このようなパワハラ行為の後遺症ともいうべき、PTSDですが、万が一パワハラやモラハラが原因でPTSDやそれに似たような状況に陥ってしまったら、もう諦めてしまうしかないのでしょうか。

そんなことはありません。

たとえ、PTSDのような症状になったとしても、もう一度、生き生きと自信にあふれていた頃に立ち返ることはできます。

それは他に夢中になる仕事や趣味、生き方を見つけることで、このようなつらい状態から抜け出せるのです。

そのためにまず、あなたがやらなければならないことは、あなた自身の心のケアです。

実は、以前の僕もこのような状態で悩まされました。今はかなり改善されましたが、パワハラにあった会社を退職したあとでも、iPhoneの「着信音」がつらい過去を思い出させるその引き金となっていました。

自分の携帯の着信音は変更していましたが、テレビやCM、または他の人が使っているiPhoneからその「着信音」が鳴り響いた時、当時の上司からの恐ろしい記憶が蘇り、反射的に胃が痛くなり、息苦しい思いをしてきました。

そんな中、自分の好きなことを見つけ、やりたいことを繰り返すことで自信もつき、今では人生の目的ややりがいを見出すことができるようになりました。

ですので、今がつらいと悩んでいるあなたもその状況はずっと続くことはありませんので、どうか安心してください。

長く先の見えないトンネルの中にいるような感覚ですが、「絶対に終わらせる」という気持ちを忘れないことが大切なのです。

自信に関する記事はこちらの【本質】自分に自信をつけるための「たったひとつの方法」をご覧ください。

自信をつける方法
【本質】自分に自信をつけるための「たったひとつの方法」「自分に対して、自信が持てない」「仕事でミスをしてばかりで自信がない」「色々な自信をつける方法が聞くけど、どれがよいのかわからない」とい...

実際に心に傷を負ってしまったら、会社の外に出よう

コミュニティ
パワハラやモラハラで受けた心の傷により、被害者は精神的にもろく体調も崩しやすくなったり、人も疑いやすくなってしまいます。

もしあなたがパワハラの被害でこのような症状がある場合は、社外のコミュニティに参加することをオススメします。

コミュニティに参加することで、孤独感を捨て去る

パワハラを受けてPTSDのように心の傷を負ってしまったあと、特に被害者につらいのは、同じ苦痛を再び体験するということでしょう。

人前で罵倒されたことを何度も思い出したり、ある言葉や場所などが原因でそのときの状況を思い出す、夜眠った後でも夢の中にその出来事が出てくるということもあります。

このようなPTSDの症状を和らげるためには、社外の誰かと話をして、共感を得ることにより「自分のような人間はひとりではない」と感じることが大切です。

ポイントは「社外」ということです。

同じ会社の人間でも話をすることは可能ですが、共通の上司の話題や話のテーマにより、あなたのつらい記憶が蘇ってくるだけに終わってしまうことにもなりかねません。

一方、社外の人間であれば、客観的にものごとを見てくれます。

また、その人自身の苦労話を聞くことで、今のあなたへの解決の糸口が見つかる可能性が飛躍的に高まるからです。

コミュニティのような人の集まりが少し苦手という方は、マンツーマンで行ってくれる社外の相談窓口というものもあります。

詳しくはこちらの社外でハラスメントの相談をするときのメリットとデメリットの記事が役に立つかもしれません。

相談するときのメリット・デメリット
社外でハラスメントの相談をするときのメリットとデメリット「ハラスメントを受けているが社内では相談する相手がいない」「ハラスメントの相談をしたいが会社では、加害者の上司にバレてしまいそうで怖い」...

PTSDによるパワハラで裁判をすることはできるのか

パワハラを理由に、会社や職場の上司に対して損害賠償などの訴訟、裁判をすることは可能でしょうか。

答えは、「可能です」

しかし、裁判を起こすとなるとそれなりの準備やお金も必要になってきます。

また、実際に裁判になったたとしても、必ずしもパワハラが認められるとは限らないということを忘れてはいけません。

パワハラの事例については、こちらの【パワハラ事例集】定義と本当にあった裁判の判例まとめをご覧ください。

パワハラ事例
【パワハラ事例集】定義と本当にあった裁判の判例まとめパワハラ(パワーハラスメント)は、2019年5月29日に「パワハラ防止法」として法律化されました。 現在は、その内容の精査が進めら...

まとめ

今回は、「PTSD(心的外傷後ストレス障害)」はパワハラでも起こりうるのかについてお話しました。

パワハラによる影響はたとえ身体的な傷がなくとも被害者の心に傷を負わせ、PTSDのような症状を与えることもあります。

当時と似たような状況を避け、その思い出と直面するようなことがあればそこから逃げ出してしまうのです。まずは逃げることで、第一歩を踏み出しましょう。このような症状で、10年、20年経っても苦しんでいるということはほとんどありません。

しかし、いくら時間が解決してくれるとは言え、被害者に対して、長期間にわたって影響を及ぼし続けるということには間違いないでしょう。

だからこそ、パワハラやモラハラからは一刻も早く脱出する必要があるのです。

□原田彗資の公式YouTubeはこちら

毎日が楽しくなる人生を送るための
最初の一歩を踏み出す

パワハラを解決するための
無料レポートはこちら


□毎週月曜配信:『パワハラ・モラハラの悩みを解決するためのメールマガジン』





無料メルマガ登録フォーム

お名前 *
メールアドレス *

職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる