パワハラ

「パワハラ上司の暴言」を緩和するたったひとつの方法

上司の暴言

パワハラ上司にひどく罵倒されたり、暴言を吐かれたり、理詰めで言われると頭が真っ白になってしまいますよね。

普段であれば落ち着いて、考えたり、行動できたりするのですが、一度、パワハラ上司に追い込まれると、

「こんなに言われたら、どうしていいかわからない」
「質問はされるけど、何を言っても、無意味だ。どうせ、批判されるだけだ」

という状態になってしまいます。

きっとあなたもパワハラ上司から暴言を吐かれて、頭が真っ白になってしまい自分がなぜそこに立っているのかもわからなくなってしまうと思います。

こんなつらいような状況でも、その場を「客観視すること」でその場を落ち着いて行動することができるようになります。

今回は、「パワハラ上司の暴言」を緩和するたったひとつの方法についてお話します。

「パワハラ上司の暴言」を緩和する方法は「その場を客観視する」


パワハラ上司から暴言を吐かれて、頭が真っ白になりそうなときはその場を「客観視」してみてください。

つまり、あなたと上司がいるその状況を少し離れたところから、眺めているようなイメージです。あなたがテレビドラマで、上司と部下のパワハラシーンを観ていると言ったほうがわかりやすいでしょうか。

テレビドラマであれば、部下が上司に暴言を吐かれてたとしても「もっとこうした方が良いのでは?」「そんな態度とったら、まずいよ」といった冷静な判断やアドバイスができますよね。

今の自分の状況から距離をおいて見ることで、冷静に判断することができるようになるのです。

私自身もパワハラ上司に一方的に暴言を吐かれ、それが何時間も続くということが日常茶飯事でした。

普通の会話ならまだしも暴言が続いたり、怒鳴られていると会話のほとんどの内容は頭に入ってきません。さらに質問をされても頭に入っていませんから、答えることができず、またそのことで怒鳴られるのです。

そこで、私はこの「客観視」をする技を取り入れました。その場を、ある状況として捉えることで、落ち着いて対処することができるようになるとともに、心への負担も軽くすることができたのです。

まとめ

今回は、「パワハラ上司の暴言」を緩和するたったひとつの方法についてお話しました。

「客観視」とは、自分のおかれている状況から少し離れた場所から見ることです。

そうすることで「この上司は何を求めているのだろう」「この場を切り抜けるには、なんと答えるのがよいのだろう」「また始まった。可哀想な人だな」と、少し心に余裕を持って答えることができるようになってきます。

ポイントはその場面を当事者としてではなく、あくまでそのような「状況」であると思ってください。慣れるまでは少し難しく感じるかもしれませんが、少しずつで大丈夫です。きっと今よりも気持ちが楽になるはずです。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】


無料個別オンライン相談会はこちら


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる