パワハラ

パワハラメール相談。悩みを解決するためのシンプルな手法

パワハラの悩みって尽きないですよね。会社で何も起こらなければ楽しいはずが、上司と顔を合わせるたびに鼓動が高鳴り、「今日は何もなさそうだ」と思っていたら、終業5分前にまさかの呼び出し。

そこから怒涛の説教と就業後の業務命令でいつもの終電コース…といった経験があなたにもあるのではないでしょうか。

そんな毎日を送っていると上司からのパワハラはもちろんのこと、仕事の内容、社内の人間関係などの悩みごとは一向に尽きませんよね。

悩めば悩むほど迷宮入りしてしまいそうな悩みはどうすればよいのでしょうか。

今回は、あなたの悩みごとを減らすための手法についてお話します。

頭の中を紙に書き出す

あなたは悩みごとを頭の中だけで解決しようとしていませんか。

もしあなたが天才であれば、そうすることで悩みはみるみる解決していくでしょう。

しかし、現実はそんなに甘くはありません。ではなぜ、頭の中だけで考えていては解決しないのかと言いますと、複数のことを一度に解決しようと考えてしまうからなんです。

例えば、パワハラ上司のことを考えていると、その上司から言われた仕事の内容を考え出してしまったり、会社のことを考え出したら毎日の通勤ラッシュの辛さを思い出したりしませんか。

このように連想的に次々と考え始めてしまうので、問題の解決がなかなか進まないのです。

そんなときは、まず悩んでいること、不安に思っていること、心配ごとを紙に走り書きでも構いませんので、書き出してみてください。

そうするとどうでしょう。頭の中だけで考えていたよりも悩みの数が少ないことに気がつくのではないでしょうか。悩み始めたらまず、紙にリストアップしてみましょう。

とりあえず、できそうなところからやってみる

出てきた問題や課題を見ながら、すぐにできそうなことはありませんか。

いきなり全ての問題を解決する必要は全くありません。しかし、紙に書き出したことによって間違いなく解決するための方向に進んでいますので、どうぞご安心ください。

パワハラのような問題は、いつか相手が変わってくれるだろうというような問題ではありません。あなた自身が行動をすることで解決の緒(いとぐち)が見えてくるのです。

まとめ

今回は、パワハラ問題を解決させるためのメール相談についてお話しました。

パワハラのような問題は辛く、悲しいものですが悩んでいるだけでは前に進みません。もしあなたが今の悩みを書き出すことができたなら、もうひと踏ん張りです。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】


無料個別オンライン相談会はこちら


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる