パワハラ

パワハラ上司が部下を認めない「たった1つの理由」とは

「おまえは何をやってもダメだ」「本当に使えない奴だな」パワハラ上司から仕事の内容だけではなく、あなた自身を否定されたことはありませんか。

仕事のミスならまだしも、性格や見た目など関係のないことまで言われると本当に傷つきますよね。パワハラ上司はなぜ部下のことを認めず、否定ばかりするのでしょうか。

今回は、パワハラ上司が部下を認めない「たった1つの理由」についてお話します。

パワハラ上司が部下認めないのは、自分が偉くなったと感じるため

部下を否定する方法は様々です。大げさにため息をつくという間接的なことから、冗談交じりの悪意のこもった直接的なものまであります。

最初のうちは間接的な攻撃ですが、それがだんだんと直接的になるにつれ、部下の方は自信が無くなっていってしまいます。

直接的な攻撃段階に入ったときには、すでにパワハラ上司の支配下に置かれているからです。「お前は本当にダメなやつだ」と言われると本当に自分はダメな人間だと信じてしまうのです。

しかし、もともとその部下はダメな人間だったのでしょうか。そんなことはありません。その上司が部下を攻撃し続けることによって、ダメな人間にしてしまったのです。

私も何度言われたか覚えていないくらい「お前はクズだ」「感性が死んでいるな」と、仕事の内容ではなく、私の人間性そのものを否定され続けられました。その結果、私は本当にダメな人間だと思うようになってしまいました。

なぜ、パワハラ・モラハラ上司はこのようなことをするのでしょうか。部下を教育するためでしょうか。会社のためでしょうか。答えは、自分が偉いと感じるためです。パワハラ・モラハラ上司は、自分のことにしか興味がない人間だからです。

まとめ

今回は、パワハラ上司が部下を認めない「たった1つの理由」についてお話しました。

パワハラ上司は、自分を偉いと感じるためだけに部下を攻撃していきます。それは仕事の内容ではなく人間性そのものを攻撃します。

もしあなたがこのようなことを言われて、完全に自信が無くなってしまっているのであれば、社外の友人や前職の親しい上司などと会って、話をしてみることをおすすめします。

家族に話してみるのも良いのですが、より客観的に状況を見ることができるのは社外の知人や尊敬する先輩、上司であったりします。悩んでいて辛いのであれば、まずは誰かに話してみることが一番良い方法です。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】


無料個別オンライン相談会はこちら


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる