パワハラ

職場で暴言を吐く理由。否定しかできないパワハラ上司の正体とは

「お前は本当に使えないな」「さっさと、会社を辞めたほうがいいんじゃないか」と、どこの職場に行ってもこのような暴言を振るうようなパワハラ上司がいるのを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

そのような上司に対し、もしあなたが当事者であれば「やっぱり自分はダメな人間なんだ」と考え込んでしまった経験があるかもしれません。

そこで「もっと努力をしないとダメなんだ、もっとがんばらないと認めてもらえないんだ」と思うかもしれませんがそれは間違いです。

たとえどんなに努力をしても、いつも相手のことを否定するような人間は決して他人を認めることはありません。

なぜなら、そのように他人を否定することがクセになっているからです。

今回は、職場で暴言を吐く理由。否定しかできないパワハラ上司の正体についてお話します。

わかってくれることはない、と思うべし

相手のことを考えす職場で暴言を吐くようなパワハラ上司は、どうして他人のことを認めないのでしょうか。

それは他人を否定して「自分のほうが優れている」と感じることが目的となっているからです。

つまり、あなたが何をしてもあらゆる方法を使って否定をしてきます。このことが予めわかっていれば、相手の言葉を真に受ける必要もなくなるはずです。

また、相手に認められたい、わかってほしいという気持ちが強い人ほど、この否定する人間との関係性を強めていきます。

なぜなら、その否定する人に認められることが一番の解決方法だと思い込んでいるからです。

私たちは自分自身が変わろうとしない限り、決して変わることはありません。

これは、否定する人間も同様です。

つまり、このことを理解しておかなければ、「この人はこういう人間なんだ」と諦め、それ以上関わり合いを持つことが無意味であるいうことに気付くことはでいないのです。

我慢しても、解決はしない

「我慢をしていれば、収まるかもしれない」という希望を抱くかもしれませんが、それは大きな間違いです。

確かに、我慢をすれば済むかもしれませんが、パワハラ上司の暴言は、どんどんエスカレートしていくでしょう。

なぜなら、我慢している態度が気に入らないのです。

我慢をするのではなく、まずは身近な人に相談をするといった行動を起こすことが、解決へ進んでいくでしょう。

まとめ

今回は、職場で暴言を吐く理由。否定しかできないパワハラ上司の正体についてお話しました。

パワハラ上司のような否定することしかできない人は実際に存在します。

この人に認めてもらうためには、この人自身が主体的にあなたを認めようと思わない限り、否定し続けます。

一方、あなた自身も「この人に認めてもらうことはやめよう」と思わない限り、ずっと苦しい思いをすることになるでしょう。

対処法としては、あなた自身が変わることです。そうすることで目に見えない束縛から開放され、見える景色は変わり始めるのです。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】


無料個別オンライン相談会はこちら


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる