パワハラ

パワハラ・モラハラ上司があなたの気づかないうちに及ぼす「ある影響」

パワハラ・モラハラ上司から怒鳴られたり、叱責されることで「頭が空っぽになってしまう」「何も考えることできなくなった」と混乱し、上司に対してどう不満を抱いていいのかわからなくなったことはありませんか。

このような混乱状態になるとパワハラの被害者は強いストレスを感じるようになり、そのストレスが原因で場合によってはうつ病になってしまいます。また、被害者が最もストレスを感じるのはどのようなときでしょうか。

それは、パワハラ・モラハラ上司から直接攻撃をされたときではありません。最もストレスを感じるのは、被害者に責任があるのかどうかわからない状況に置かれるときなのです。

パワハラ・モラハラ上司の影響

パワハラ・モラハラ上司から何かを言われると、「あの人の言うことは正しい」「間違っているのは自分」だと思ってしまいます。私の場合も「お前はダメな人間だ」「感性が死んでいる」と、そう言われ続けました。

そのとき私はたまたま、社外のコミュニティに参加しており、そのことを相談できる機会がありました。その人は「それはおかしい」と言ってくれました。そこではじめて私は安心をすることができました。

このように私の経験からも第三者の存在がとても大切だとおわかりいただけますでしょうか。

客観的にみるとすぐにおかしい状況だと気付くはずなのですが、被害者は、パワハラ・モラハラ上司に完全に屈してしまっているので、相手の言っていることは全て正しいと思ってしまうのです。

まとめ

パワハラ・モラハラの被害者は、その上司の影響を受けることで、混乱状態になってしまいます。そして、被害者はその混乱状態により、正しい判断ができなくなってしまいます。

当たり前のことができなくなり、仕事でもミスが続き、余計に自分がダメであるということに拍車がかかってしまうのです。

その状態では、自分ひとりで解決をすることはできません。その状況を客観的に見れる人こそあなたを救ってくれる人になりえるのです。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】


毎週月曜配信:自分の「好き」を「仕事」にするためのメールマガジン


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる