パワハラ

怒鳴るとパワハラ?その判別方法を解説します【対処方法あり】

お前は何回、間違えればいいんだ!やる気あるのか!?
はい、すみません。(こんなに大声で怒鳴られて、パワハラにならないのかなぁ…)

こんな悩みにお答えします。

パワハラといえば、上司が大声で怒鳴り散らすような行為を想像できますよね。まるで親の仇でもあるかのように、何時間にも及んで怒鳴ったりするような上司も残念ながら存在します。

一方、部下の不注意によりミスが発生した場合その行動を正すために、上司が怒鳴ってしまうこともあります。

では、この場合もパワハラとなってしまうのでしょうか。

この記事をご覧いただければ、あなたが受けた行為が、パワハラかどうなのか判別をすることができます。

今回は、怒鳴るとパワハラ?その判別方法を解説します【対処方法あり】についてお話します。

上司が怒鳴る2つのパターン【解説付き】

怒鳴る
一般的に上司が怒鳴るような場合、その心理は次のいずれかの状態にあるといえます。

  • 怒る
  • 叱る

結論から言いますと、上司の怒鳴る行為が「怒る」という心理状態にある場合、パワハラに該当する可能性があります。

では、この「怒る」と「叱る」の違いについて順番に解説していきます。

「怒る」とは

怒るとは、不満・不快なことがあって、がまんできない気持ちを表します。

直接、バカにされてたり、物事が上手く行かない場合にも起こりますが、職場では部下のミスによって、上司のの仕事が増えてしまった。

といったことでも怒るという感情は表れます。

「叱る」とは

一方、叱るについても同じような意味となっています。

自分の失敗や相手の言動によって、自分自身の感情が抑えられなくなってしまったときに、叱るという行動に移ります。

それでは、怒ると叱るの違いはどこにあるのでしょうか。

続いて、怒ると叱るの違いについてみていきましょう。

上司の怒ると叱るの違いは「感情の矛先」

矛先
怒ると叱るの違いとは「感情の矛先は誰を向いているのか」ということです。

「怒る」という行為は、本人の思っていたことと実際に起ったことのギャップにより、その感情(特に悲しみ)を抑えることができずに表面に出てくるものです。

つまり、自分の思ったとおりにいかなかったことに対する感情ですので、矛先は「自分」にあります。

例えば、

「そんなことをしているとクビだぞ!」
「存在が目障りだ、居るだけで迷惑している」
「バカかお前は、覚えが悪いな」

と解雇やクビ、理不尽な異動をちらつかせ脅すような発言、本人の性格や人格そのものを批判するような発言はパワハラとなり得るでしょう。

一方、「叱る」という行為は、相手に対してもっと良くなって欲しいという意味合いがあるため、その矛先は「相手」となります。

そうは言っても、怒鳴られている最中に怒っているのか、叱っているのかの判断をすることはとても難しいことと思います。

「じゃあ、録音をすれば良いのでは」と思うかもしれませんが、その場合も注意が必要です。場合によっては、録音をしたあなたが不利な状況になってしまうからです。

パワハラ上司との一部始終を録音することを考えている人はこちらの記事パワハラの録音は証拠として有効な手立てとなるのかが役に立つかもしれません。

パワハラを録音
これって違法!?「パワハラの録音」は証拠として有効な手立てとなるのか「パワハラの録音は証拠になるのだろうか」「こっそり録音をすることは違法になるんじゃないか」とお悩みではありませんか。事実、パワハラ行為の録音は、証拠として有効な手立てとなります。しかし、その録音の方法にも注意が必要です。この記事では、パワハラの録音のコツと注意点いついて事例と一緒にご紹介します。...

上司をパワハラで訴える前に

今、この記事を読んでいるあなたは、「うちの上司は、パワハラの可能性がある」とお悩みかもしれません。

場合によっては、訴えたいとお考えかもしれませんが、その場合は注意が必要です。

理由はパワハラで訴えたとしても必ずしも良い結果になるとは限らないからです。

先にお伝えしておくと、パワハラ上司に対して時間やエネルギーを使うのであれば、転職や転職をするための準備に時間を注いだほうが、何倍も価値があります。

詳しくはこちらの記事、【体験済み】パワハラにあったとき、知っておくべき3つの対処法をご覧ください。

【体験済み】パワハラにあったとき、知っておくべき3つの対処法会社でパワハラのような被害にあったとき、今の状態をよくするためにどうすればよいのか正直わからないのではないでしょうか。他の人の悩みや相談は、アドバイスができたりするのですが、いざ当事者になってしまうと何もできないとったことは珍しくありません。今回は、パワハラのための3つの対処方法について解説します。...

まとめ

今回は、怒鳴るとパワハラ?その判別方法を解説します【対処方法あり】についてお話しました。

社長、上司、先輩に限らず職場においてはいろいろなシチュエーションで怒鳴るという行為が発生する危険性があります。

叱ると怒るは似たような言葉ではありますが、ただ不満などの感情を爆発させるだけのものと本人の成長のために行っている行為には明確な違いがあります。

あなたの上司は「怒る」と「叱る」どちらの行動が多いでしょうか。もし怒るような上司がいる場合は十分に注意してください。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】


無料個別オンライン相談会はこちら


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる