【パワハラ相談窓口】知らないと損をする労働基準監督署の3つの知識

2018.12.04 (火)
労働基準監督署への相談

パワハラの相談窓口、職場問題の駆け込み寺と言えば、「労働基準監督署」といったイメージがありませんか。

 

名前は聞いたことあるけれど実際にどんな業務を行っているのか、労働に関することだとはわかっているが、どこからどこまでが業務範囲なのか詳しく知っている人は少ないのではないでしょうか。

 

また、「労働基準監督署」に行けば、なんでも相談できるというとそうではありません。特に、パワハラや退職に関することなどは残念がら相談に乗ってくれないケースもあるのです。

 

今回は、【パワハラ相談窓口】知らないと損をする労働基準監督署の3つの知識についてお話します。

 

無料メール相談はこちら

 

労働基準法に書いていないことは指導できない

労働基準監督署の指導は「労働基準法」をもとに行われます。

 

それでは、労働基準法にはどのようなことが記載されているのでしょうか。

 

簡単に申しあげますと、「1日の労働時間」「会社が与えなければいけない休日日数・時間」「労災保険給付などに使う給与計算の方法」「賃金のルール」「安全衛生管理」などが記載されています。

 

一方、「労働基準法」に載っていないこと、例えば、「上司のパワハラに悩んでいるから、アドバイスが欲しい」「退職か解雇か判断をして欲しい」「人事の評価が公平かどうか調べたい」「労災保険申請で揃えておいたほうが良いものは何か(労災申請で必要なものは教えてくれます)」 などは、労働基準監督署の指導の範囲外となるのです。

 

ですので、労働基準監督署に相談をした後、「会社に伝えて欲しい」と言ったとしても難しいかもしれません。この事は不親切だ、という訳ではなく単に役割が違うということなのです。

 

労働問題は数字で明記できないことも多く客観的判断が難しい場面もあるため、法律ではカバーしきれないのです。

 

また、労働基準監督署では労働局のあっせんも行っています。そのことに関して、相談に言ったとしても相談内容を聞くことよりも、あっせんの申請方法を事務的に言われるということが少なくないようです。

 

どんな人が面談をしてくれるのか

では、労働基準監督署で面談をしてくれる人はどんな人なのでしょうか。

 

労働基準監督官のような人が出てくることを想像されているかもしれませんが、実際はそうではありません。労働基準監督署の正式な職員ではない方もいらっしゃいますし、労働基準法に精通していない方が面談されるケースもあるようです。

 

ですので、こちらが必死に話しても親身になって相談にのってもらえる可能性は少なく、ましてやパワハラなどの具体的なアドバイスに関しては皆無であるといってよいでしょう。

 

万が一、面談などに言った場合は相談内容、担当者などは詳細に記載しておきましょう。

 

確実ではありませんが、相談者の話を形式的に聴き、記録を残し、労働基準監督官につなぐ役目をするだけの方かもしれません。後にあっせんなどで、労働基準監督署の対応について問われて時に役に立つことがあるからです。

 

結局、労働基準監督署は相談に乗ってくれるのか

ここまで、労働基準監督署のことを触れてきましたが、「一体、なんの相談だったら良いのか」と思われるかもしれません。それは「未払い残業」についてです。

 

未払い残業などは、数字で表すことができ、労働基準法にも触れている内容であるため、相談に乗ってくれるケースが多いようです。このあたりは労働基準監督署の担当者によっても温度差があるようです。

 

また、未払い残業について相談を行く際は、業務内容や時間などの就業をした記録を持っていくことをオススメします。

 

例外もありますが、労基法違反と感じるようなことがあれば、まずは労働基準監督署へ相談してみるのが良いでしょう。

 

無料メール相談はこちら

 

まとめ

今回は、【パワハラ相談窓口】知らないと損をする労働基準監督署の3つの知識についてお話しました。

 

パワハラや職場の労働問題で悩んだとき、すぐに思い浮かぶのは労働基準監督署だと思います。しかし、労働基準監督署は職場のことならなんでも相談に乗ってくれる万能の機関というとそうではありません。

 

しかし、労働時間や賃金のことなど、労働基準法に抵触している恐れのある内容ならば相談に乗ってくれる可能性は高まります。「ひょっとしたら自分は当てはまっているかもしれない」と思ったらまずは相談してみてはいかがでしょうか。

 

また、あなたが今、パワハラでお悩みなら、こちらの「パワハラの専門家による心が楽になるカウンセリング」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

私自身もパワハラで悩み、辛い経験をしてきました。だからこそ、あなたの気持ちに共感してあげることができるはずです。

 

□原田彗資の公式YouTubeはこちら

 

 毎日が楽しくなる人生を送るための  最初の一歩を踏み出す

 

    パワハラを克服するための   レポートを手に入れる

 

 

————————————————————————————————————————-
□毎週月曜配信:『パワハラ・モラハラの悩みを解決するためのメールマガジン』

無料メルマガ登録フォーム

お名前 *
メールアドレス *


————————————————————————————————————————-

 

パワハラの悩みに関する相談は『未来創心塾』のトップページに戻る

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: 【パワハラ相談窓口】知らないと損をする労働基準監督署の3つの知識

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

050-5438-8642

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP