パワハラ

モラハラ上司の特徴。従業員を「部外者扱い」する心理

部外者扱い

「暴力を振るわれていないから、パワハラがどうか分からない」と悩んだことはありませんか。

「身体的な暴力であれば、パワハラだとわかりやすいから相談できるけど、単なる嫌がらせなどはパワハラではないから、相談しても意味がない」と、ひょっとしたら諦めてしまっている方もいるかもしれませんね。

身体的な攻撃を含む、嫌がらせやいじめはパワハラと言いますが、特に精神的な攻撃をモラハラ(モラル・ハラスメント)と言います。

モラハラは精神的な攻撃のため、目立たずに少しずつ肉体的・精神的に被害者を追い込んでいく傾向にあります。

それがエスカレートしていくと、モラハラの被害者は精神疾患になったり、場合によっては退職に追い込まれてしまうことも少なくありません。

そのようなモラハラ攻撃の一例を相談者の事例をもとにご紹介しましょう。

今回は、モラハラ上司の特徴。従業員を「部外者扱い」する心理についてお話します。

モラハラ上司の特徴。従業員を「部外者扱い」する心理とは

モラハラ上司の特徴に、「環境の変化を異常なまでに嫌う」という傾向があります。それは今の居心地のいい環境を脅かされるかもしれないという恐怖心から来ているのです。

相談者の山中 優子さん(仮名、46歳)は、最近、クリニックに転職をされた看護師です。

以前は、大学病院で昼夜忙しく働いていた山中さんですが、子育てを期に大学病院を退職。子育ても落ち着いてきたこともあり、この度、町の小さなクリニックに就職しました。

入社して、まだ一ヶ月あまりのある日、人事部の橋本係長(仮名、52歳)に呼び出され、突然、次のように言われ言葉を失ったそうです。

    「あなたを好きな人は、このクリニックにはいません」
    「これ以上、働くのは無理なんじゃないですか」
    「まだ試用期間ですが、辞めさせることもできるんですよ」

冷静に、相手の機嫌を逆撫でないように、慎重に頷いていた山中さんですが、「その頷きかたも気に入らない」と言われたそうです。

このような異常な事態に、山中さんは危険を感じ上司の看護師に相談をするも取り合ってもらえず、当塾に相談に来たとのことでした。

幸いにも、そのようなモラハラ行為を受けたのが、相談される少し前のことだったので、山中さんはクリニックの内部と外部両方に相談をしてみるということが出来ました。

しかし、このようなモラハラ行為が続いていれば、「周りの人に嫌われているのは自分のせいかもしれない」と考えるようになっていたのは時間の問題でしょう。

まとめ

今回は、モラハラ上司の特徴。従業員を「部外者扱い」する心理についてお話しました。

モラハラ上司は、自分を守るために他人を攻撃します。この守るということは、「直接攻撃されたから防衛的に守る」ということではなく、自分の居心地の良さを最優先させていることに問題があります。

しかも、その居心地の良さを妨害されるということは、モラハラ上司の妄想であることもあるのです。

モラハラのような精神的な攻撃は、最初は「ちょっと、おかしいな」と思うようなことも、攻撃が続くと「やっぱり自分が悪いんだ」と思うようになってしまいます。

そのような状態になってしまう前に、身近な人にまずは相談をしてみてください。相談こそがモラハラの悩みを解決させるための第一歩なのです。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】


無料個別オンライン相談会はこちら


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる