パワハラ

究極のパワハラ的思考「社長目線で考えろ」について考えてみた

あなたは会社で「社長になったつもりで考えろ」「経営者目線で行動しろ」と言われたことはありませんか。

特にブラック企業やワンマン社長がいる会社にこのような発言は多く見受けられますが、実際にあなたは社長の気持ちになって考え、行動した結果上手く仕事が進んだことはあるでしょうか。

おそらく、ほとんどの方が上手くいかなかったと思います。

むしろ、社長目線で考え、行動してしまったため「どうしてお前は上手くやれないんだ」と激しく叱責されたのかもしれません。実はこの「社長目線」こそ、パワハラの要因となっているのです。

今回は、究極のパワハラ的思考「社長目線で考えろ」についてお話します。

そもそも社長の役割とは

そもそも会社にとって社長とはどのような役割なのでしょうか。

一般には対外的に会社を代表する人物であり、従業員が働きやすい環境を整えるとともに能力にあった人材配置を行い、後継者を育成するということが社長の大きな役割です。

会社の全ての責任は社長が背負うことになります。ここで大切なのは「社長=役割」であるということです。社長だから必ずしも社内で一番仕事ができるとは限りません。

偉いからなんでもして良いというわけでもありませんし、社長だから偉いということはありません。あくまで、ビジネスというゲームをまわすための役割に過ぎないのです。

社長目線で考えろこそ、究極のパワハラである

では、ここで話を戻しましょう。仮に従業員が全員、社長目線だとどうなるのでしょうか。

人はそれぞれ考え方が違うので意見が別れてしまうこともあるでしょう。では、そのように意見が別れてしまった場合、どちらが正しいのでしょうか。

これは一概に判断できないはずです。なぜならビジネスにおいて絶対に正しい、成功するということはありえないからです。

だからこそ、社長という役割の人間が状況を判断し従業員を引っ張っていくのです。

また、社長の役割として利益を残さなければいけません。会社の仕組みとしては「利益=売上−経費」ですから、利益を残すためには、売上を上げるか、経費を下げるしかありません。

売上を伸ばすためには時間がかかりますが、経費を下げるには支払うことをやめるだけなので時間もかからず、すぐに結果が見えやすいのです。

では、経費を下げる方法で最も手っ取り早い方法はと言いますとそれは「従業員の給料を下げる」ことです。

従業員が売上を伸ばすために、経費=自分の給料を下げる。ということをするのでしょうか。給料は下げれないから、残業代を払わないということはあなたの会社でも行われているかもしれません。

しかし、社長目線という考えがある以上、そのような理不尽な行為は正当化されてしまうのです。これこそ、社長目線で考えるというパワハラ行為なのです。

まとめ

今回は、究極のパワハラ的思考「社長目線で考えろ」についてお話しました。

会社では「社長目線でものごとを考えよ」とよく言われます。しかし、これは明らかな間違いです。

野球で全員が4番バッターなら試合に勝てるのでしょうか。会社というチームを勝利に導くためには、従業員の特性を活かし、適切な配置をしなければいけません。

あなたが働く会社はいかがですか。もし、あなたの会社で「社長目線でものごとを考えよ」ということが当たり前の風土になっているなら、それは注意が必要かもしれません。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】


無料個別オンライン相談会はこちら


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる