パワハラ

パワハラ・モラハラ相談。悩みを聞いてもらうための最初の一歩

パワハラやモラハラを会社で受けていると「誰かに今の状態を知ってほしい」「やっぱり自分がおかしいのかどうか確認したい」と思いますよね。

一方、「相談して相手にされなかったらどうしよう」「どうせ、電話やメールをしても何も変わらないんじゃないか」と心のどこかでブレーキがかかってしまい、今も苦しい思いをしているかもしれません。

結局のところ、状況を変えたいけど変えることができないのは、昔の自分を責めていることに原因があるのです。

今回は、そんな心のブレーキを外すためのテクニックについてお話します。

過去の過ちを認めることから始まる

心のブレーキを外すためには、「過去の過ちを認める」ことから始めなければいけません。

例えば、あなたは転職をして今の会社に入ったとしましょう。やっと転職ができたと思ったら、その会社で毎日パワハラ・モラハラに苦しんでいます。

そんなあなたは「やっと転職できたから、簡単に辞めるなんてとんでもない」と考えているのかもしれません。

これは「自分の誤ち=転職に失敗したこと」を避けていることになっているのです。

これは、ギャンブルにおいても同じようなことが言えます。

パチンコや競馬、競艇などをやったことがある方は、負けが続いた時「次は勝てるに違いない」と過去の負けを否定し、確証のない未来に希望を抱いたことが1度はあるのではないでしょうか。

このような過去の過ちを認めないでいると、自分自身を憂鬱な状態にし、否定的な気分にさせていきます。

またネガティブな意味で満足をすることなく、マゾヒズム的に自分を追い込んでいくだけでしょう。

まとめ

今回は、心のブレーキを外し、次の行動に移るためのテクニックについてお話しました。

人はどうしても自分のやってしまったこと、特にミス、失敗、挫折を認めることに対し、ブレーキを掛けてしまいます。なぜなら、それは過去の自分を否定することになるからです。

しかし、過去の出来事は変えることはできません。まずは、そのような失敗を一旦、受け入れましょう。そうすることで次の一歩を踏み出すことができるのです。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】

人気記事

【30代後半未経験】プログラミングを始めるのは遅い?【間に合います】


無料個別オンライン相談会はこちら


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる