モチベーション

【3分でわかる】仕事のモチベーションが上がらないときの対処方法

モチベーションを上げる

「仕事のことを考えるとモチベーションが上がらない」「何をやっても楽しくないし、毎日がつらい」と感じることはありませんか。

仕事に対するやる気がなくなってくると、少し休もうと考えるよりも「早くやる気を出さなくては」という焦りから、「とは言うものの、どうすれば良いのかわからない」と考え始めます。

そして、なかなか元気な状態に戻れないことによって「このままダメになってしまうのではないか」と一層、考え込んでしまうことも珍しくありません。このような悪循環にならないためには、どうすればよいのでしょうか。

それは、まずやる気のない自分を認めてあげるということが必要なのです。

今回は、【3分でわかる】仕事のモチベーションが上がらないときの対処方法についてお話します。

モチベーションが上がらないときは、やる気のない自分を認めてあげる

実際に疲れもたまってくると、ポジティブな気持ちになんかなれません。仮に仕事を休むことができたとしても「あの仕事はどうなっているのだろう」「自分が休んだことを周り人はどのように思っているのだろう」と気が気でなりません。

そんな中でも「もっと頑張らないとダメになってしまう」とあなたは孤軍奮闘していることでしょう。しかし、そのような考えがあなた自身をもっと追い込んでいるとしたらどう思いますか。

やる気が出ないときにするべき最初の行動は「やる気のない自分を認めてあげる」ということです。

「そんなことできるわけない」と思うかもしれませんが、実際にやる気のない今の状態が現実なのです。むしろ、つらい状態のときでも頑張り続けてきた結果が今の状態を招いてしまっていると思ってください。

わたしたちは、そんなに頑張る必要もないのに、頑張らなければならないと思い込んでいることが心を疲弊させてしまっているのです。

「つらい」「休みたい」という心のメッセージを無視するということは、心を捨てて機械のようにやれと言っているようなものです。ですから、もしあなたが何もかもやる気がないという状態にいるのであれば、それは心からのメッセージなのです。

もっと自分を大切にしよう、という気持ちをないがしろにしてきたがために無意識のあなたが「少し休もうよ」と訴えているのです。

次に、具体的にモチベーションを上げる方法をご紹介していきます。

モチベーションを上げるための3つの要素

モチベーションを上げる3つの要素
モチベーションを上げるためには、自己決定理論(SDT)という方法を使います。

自己決定理論とは、心理学者のエドワード・デシとリチャード・ライアンが提唱したモチベーションに関する考え方で、人は「有能感」「自律性」「関係性」の要素を満たすとき、モチベーションが上がるという理論です。

では、有能感、自律性、関係性についてそれぞれみていきましょう。

有能感

有能感とは、人に従来備わっている「もっとできるようになりたい」といった自分への自信につながる機能のことをいいます。

忙しくてできていなかったり、いまいちやる気が出ないと悩んでいるのであれば、何か新しいことをやってみることをオススメします。

有能感を満たすには、やる気が出ないからやらないのではなく、何かやらないからやる気がでない。という発想の転換が必要なのです。

自律性

自律性とは、「自分で選ぶことができる」状態のことを指します。

同じような業務量の仕事であったとしても、他の人から言われてやるものと自ら進んでやるものでは、そのモチベーションの差は歴然としていることは想像に難しくないのではないでしょうか。

もし自分である程度、内容や方法、手順など選ぶことができる仕事があれば、自分のやりやすい方法でやってみることで、自律性を大きくすることができます。

関係性

関係性とは、あなたの周りの人との関わり合いを示しています。

あなたの周りに刺激的な仲間が溢れ、あなたのことを応援し、そして、あなた自身も周囲を応援できる。そのような仲間がいれば、あなたのモチベーションは維持されるでしょう。

自分を高めるのではなく、ただ愚痴を言っているだけの仲間と一緒にいるようでは、いつまでたっても前には進めません。

関係性を高めるためには、付き合っている人間を変えること、あなたの周りの環境を変えることが最も効果的です。

まとめ

今回は、【3分でわかる】仕事のモチベーションが上がらないときの対処方法についてお話しました。

やる気がない状態というのは、努力や気合が足りないということではありません。

逆に、今まで自分の許容を超えて頑張りすぎてきた反動でそのようになっているのです。その状態から抜け出すことはまず今の状態を認めてあげてください。

そして、認めてあげることができたら、有能感、自律性、関係性の3つの要素を最大化できるような行動を起こしてください。そうすることで、あなたのモチベーションは一層、高いものとなることを約束します。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】


無料個別オンライン相談会はこちら


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる