パワハラ対策

「辛い仕事は我慢するものだ」という危険な考え方

パワハラ上司の説教は本当に辛いですよね。

普通に話せば、10分で終わるものの、「お前はこういうところもダメだ。そういうことだから以前のミスも…」と、あっちへ飛び火こっちへ飛び火、朝から始まった説教も気づけば午後1時過ぎ。

お昼もちゃんと食べることが出来ずに、ここから、ミスの修正と今日の仕事に取り掛からなければいけません。今日も終電コースと絶望してしまうことでしょう。

そこで、あなたは「これも仕事のうちだ。給料は我慢料して考えよう」と思うかもしれません。しかし、それはとても危険な考え方ということはご存知でしょうか。

今回は、辛い仕事は我慢してはいけない考え方についてお話します。

辛い仕事は我慢料として捉えることは恐ろしいワナ

辛い仕事は我慢料として、捉えるとどうなるのでしょうか。

ブラック企業での生き抜く方法と謳ったサイトには、「給料は我慢料として受け取るように考える」といったことが書かれていますが、これはとんでもないことです。

あなたの人生において、仕事の時間は約7割を占めています。人生100年時代と言われ始め、社会に出てから60年70年がこの先、待っているわけです。

その7割の時間、つまり40〜50年は仕事をしているのです。あなたはその全ての期間を我慢して過ごすことができますか。パワハラの被害にあっているとどうしても視野が狭くなってしまいます。

「今の状況を我慢しよう」と目先のことを考えがちですが、そのような状況をあと何十年も我慢し続けることは不可能です。

まとめ

今回は、辛い仕事は我慢してはいけない考え方についてお話をしました。

パワハラのような行為は残念ながら、一時的なものではありません。あなたが心身ともに疲れ果て、会社を辞めるようになるまで続いていくものです。

まずはそのような状況は良くならないということを理解してください。その上で、あなたがそのまま会社に居続けるのかどうかを判断しましょう。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】


毎週月曜配信:自分の「好き」を「仕事」にするためのメールマガジン


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる