ストレス

会社でうつ病になる前に実践すべき「頑張りすぎない働き方」

あなたは今の仕事を頑張っていますか。別の言い方をしますと、頑張り過ぎていませんか。

今の仕事が楽しくてやっている人もいるかもしれませんが、上司の命令で「もっと頑張らないとだめじゃないか」と言われ、朝早くから終電近くまで、毎日残って仕事をしているのかもしれませんね。

そんなあなたは、仕事が終わらないからと思って昼休みなどの休み時間も削って仕事をしているかもしれませんが、実はこれが逆に仕事の効率を悪くしているということはご存知でしょうか。

今回は、会社でうつ病になる前に実践すべき「頑張りすぎない働き方」ついてお話します。

頑張りすぎると脳の効率は下がる

突然ですが、筋トレの正しいやり方って知っていますか。プロのアスリートであれば、全員実践していることですが、筋肉というのは、トレーニングをした後の休んでいるとき(筋肉を使っていない時間)に付くようになっています。

つまりある程度活動をしたら、休むということを意図的に行う必要があるのです。なぜなら、それ以上トレーニングをしたとしても筋肉はあまり付きませんし、逆に怪我をしてしまうリスクが伴うからです。

これが仕事についても同様のことが言えます。一定時間働いたら、パソコンから手を離し、デスクを離れ、少し散歩をしてみてください。席を離れることが難しいのであれば、少しだけ読書をするのも良いでしょう。

目の前の作業を集中しすぎることは、脳の効率を著しく低下させることになり、トレーニングをしすぎると怪我をしてしまうように、仕事を頑張りすぎることで脳の効率が落ち、仕事が一向に終わらずにうつ病になることさえあるのです。

まとめ

今回は、会社でうつ病になる前に実践すべき「頑張りすぎない働き方」についてお話しました。

あなたが今の仕事について「頑張っているはずなのに上手くいかない」「頑張りが足りないからいけないんだ」と悩んでいるのであれば、今回お伝えした休む技術を普段の生活に取り入れてみてください。

目の前の仕事が進まないのは、上手く休めていないことが原因かもしれません。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】


毎週月曜配信:自分の「好き」を「仕事」にするためのメールマガジン


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる