SEO

SEOで記事の評価を高める7つのステップ

記事を書いて、Googleで上位表示を狙って行きたいんだけど、ポイントとかあるのかなぁ。もしあるのであれば、教えて欲しい!

こんな悩みにお答えします。

本記事の内容

・SEOで記事の評価を高める7つの方法

本記事の信頼性

この記事を書いている僕は、SEOコンサルタントとして個人、法人の方のWeb集客のサポートをしています。

ブログや企業のサイト、マーケティング会社でSEOを担当している人にとって、記事の評価を改善させるためのポイントをご紹介していきます。

SEOは加点方式なので、もし実施していない項目があれば、やってみる価値があるかと思います。

記事を書いてもなかなか成果が出ていない方こそ、ぜひ最後まで読んでくださいね。

1.狙うべきキーワードを決める

キーワードを決める
最初は、キーワードを決めることです。

自分の持っているサービスや狙いたいキーワードがあれば、それがSEOキーワードになるでしょう。

キーワード調査は、SEOを実施する上での重要な部分です。人々が「何というキーワードで検索をするのか?」をじっくりと考える必要があります。

2.魅力的なタイトルを作成する

タイトルを作成する
タイトルもSEOでは欠かせない要素です。

読者が検索した際に表示されるものなので、思わずクリックしたくなるような文章が必要です。

理想的には、次の3つを意識しましょう。

  • 狙っているキーワードを含める
  • キーワードは、タイトルの前の方に持ってくる
  • 25文字〜30文字以内にする

たとえば、Zoomの代替案について書いている場合、タイトルは「ビデオ会議用の8つの強力なZoom代替案」になります。

また、記事の公開日も重要です。なぜなら、読者は古い情報よりも最新の情報を知りたいからです。

3.クリックしたくなるメタディスクリプションを書く

クリックしたくなる説明を入れる
メタディスプリクションとは、検索結果のタイトルの下に表示される文章のことです。

ここは記事の内容を説明するための場所で、100文字以内に納、読者に記事をクリックしてもらえるように促します。

メタディスプリクションにおいても、「キーワード」は重要です。必ず含めるようにしましょう。

メタディスクリプションは自動で作成される場合もあり

メタディスプリクションを書いていない場合は、Googleが自動的に表示する場合もあります。

「なかなかクリックしてもらえない」というのであれば、メタディスプリクションがGoogleによって自動で表示されたものかもしれません。

4.見出しも十分に活用する

見出しも活用する
記事にアクセスしてもらえたら、それで終わりではありません。

読者にしっかりと読んでもらうため、また商品・サービスがあるのであれば、購入してもらうためには、「見出し」にも気を配りたいところ。

残念ですが読者は、あなたの記事を最初から最後まで、順番に読んでいくことはありません。

まずは、「見出し」をチェックして、最後まで読むに相応しいかを判断します。

「見出し」を活用し、わかりやすく、読みやすくすることが重要です。

5.記事に個性を出す

個性を出す
良い記事は、個性があることです。

どこにでもあるような内容ではなく、自分らしさとでも言いましょうか。

企業さんであれば、ブランドといってもいいかもしれません。

読者を楽しませ、情報を惜しみなく提供できるようにすることが大事です。

6.画像も入れるべき

画像を入れる
記事には、必ず画像も入れましょう。

画像付きの記事は、画像がないものと比べて読まれる確率が、94%増加するというデータもあります。

単なる蘇澳色の役割ではなく、読者を飽きさせず、より長く読んでもらえるようになるので、SEO的にも良いと判断されます。

また、画像によって記事やサイトの一貫性を保てるようにしましょう。

7.SNSで広げる

SNSで拡散する
SNSで拡散することも有効な手立てです。

そうすることで自然検索以外からも多くの人に見てもらえることができるからです。

場合によっては、インフルエンサーと組むというのもありかもしれません。

自分のサイトやサービスとインフルエンサーの価値観が近いのであれば、提案してみるのもありです。

参照:How to Calibrate Your Brand Voice to Your SEO Advantage

まとめ:できることはすべてやろう

SEOはできることはやっておく
今回は、SEOで評価を上げるための7つの方法についてお話しました。

SEOは、「これだけやっておけば大丈夫」というものはなく、少しずつ点を稼いでいく加点方式です。

すべてのことをやるには、お金も時間も限られていますので、できる範囲で進めていくことをおすすめします。

小さな積み重ねが大きな成果に繋がりますので、ぜひやってみてください。

今回は、以上です。