パワハラ

会社でモラハラにあったとき、9割の人に訪れる「選択肢」

「上司のモラハラが原因で休職になった」「休職中だが、会社に戻るのが怖い」といったつらい経験をしたことはありませんか。

実際に私のところにも過労やパワハラ・モラハラで体調を崩し休職になってしまうと、会社の上司や同僚、部下に対して後ろめたい気持ちになったり、休職前のようなことがまた起こるのではないかと心配になり復職できないといった相談を多く受けます(『お客様の声』はコチラ)。

会社に戻るべきか、新たに転職先を探すべきか、他にも選択肢はあるのか、四面楚歌の状況に解決策はあるのか悩んでいる方がほとんどです。

今回は、会社でモラハラにあったとき、9割の人に訪れる「選択肢」についてお話します。

休職は、今後を見直す貴重な時間

モラハラなどで休職となると、「無事に会社に戻れるだろうか」「また同じ目に遭うのではないか」といった不安が襲ってきます。

まず考えて欲しいのが、会社に戻れる、戻れないといったことではなく、「その会社に戻る価値はあるのか」ということです。

大手企業のように数多くの仕事があり、多岐にわたる部署が存在するのであれば、復職して元の部署に馴染めなくとも選択肢はあるでしょう。しかし、すべての方がそのようにはいきません。

小さい会社の場合、たとえば上司のモラハラが原因で休職したとすると、ほぼ間違いなく復職後にもその上司に出くわしてしまいます。また、休職したがために上司から退職を促されるようなことを言われたという事実もあるのです。

そのような状況では、以前の恐怖が戻ってきてしまうのも当然です。ここで考えて欲しいのが「その会社に戻る価値はあるのか」ということなのです。

もしそのようなモラハラ上司をそのまま雇い続けているような会社が、仲間や従業員を大切にしないような会社が、この先繁栄し続けていくことが難しいのは想像に難しくないでしょう。

まとめ

今回は、会社でモラハラにあったとき、9割の人に訪れる「選択肢」についてお話しました。

過労やパワハラ・モラハラで体調を崩し、休職になってしまうのはとても不本意だと思います。

しかし、そのことを決して「悪いこと」と考える必要はありません。モラハラのような経験は大変つらいことですが、今の状況は、頑張りすぎたあなたに対して少し立ち止まって考えるためのプレゼントなのです。

人気記事

失敗しないための転職サイト・転職エージェント選び【まずは行動】


毎週月曜配信:自分の「好き」を「仕事」にするためのメールマガジン


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる

こちらも読まれています
パワハラ

上司の暴言にみる、怒りの裏に隠された感情

2018年9月20日
自分らしい働き方と好きを仕事に|FinS 未来創心塾
「何回言えばわかるんだ!」「お前が同じプロジェクトにいるおかげで、夜も眠れないんだよ!」些細なことが原因で、このように怒り狂う上司の暴言を受けたことはありませんか。 原因は、 …