ワークスタイル

起業する前に知っておきたい、スモールビジネスとスタートアップの違いとは

あなたは、スモールビジネスとスタートアップの違いを答えることができますか。おそらく、「起業=スタートアップ」だと考えている方が多いのではないでしょうか。

起業の多くはスモールビジネスであり、スタートアップはその一部に過ぎないのです。そして、この違いを知っておくことで、あなたの目指すべき道が見えてきます。

今回は、起業する前に知っておきたい、スモールビジネスとスタートアップの違いについてお話します。

成長方法

スモールビジネスの多くは個人で行う事業であり、成長課程はゆっくりとコツコツ積み上げていく方法です。地域や場所を限定し、着実に成長していくやり方を指します。

既に存在する市場の中から、大手ではできないような小さな分野に目をつけてそこを伸ばしていくやり方です。

一方、スタートアップとは、2次曲線のように一気に規模を上昇させるような動きを見せるビジネスです。誰も考えつかないようなアイデアを世に出していくものです。

そのため、ハイリスク・ハイリターンのビジネスモデルとも言えるでしょう。例えば、FacebookやGoogle、先日上場を果たしたメルカリなどがこれに該当します。

どちらを目指すべきなのか

スモールビジネスとスタートアップの違いについて触れましたが、どちらの方が優れたビジネスモデルなのでしょうか。結論からいいますと、「あなたはどちらを目指したいのか」ということになります。

もしあなたが、自分サイズの仕事で好きなことを着実に積み上げていくことが好きなのであれば、スモールビジネスの方が向いているでしょう。

また、誰もが思いつかないようなアイデアを考えることにワクワクするというのであれば、スタートアップ型の起業を目指したほうが楽しいでしょう。

大切なのはどちらがワクワクするのかということです。好きこそものの上手なれという言葉の通り、好きなことに対する情熱は時間やお金では買うことはできないからです。

まとめ

今回は、スモールビジネスとスタートアップの違いについてお話しました。

広い意味では、起業という言葉でまとめられてしまいますが、そこにはちゃんとした違いがあります。そして、どちらが良い、悪い。儲かる、儲からない。のではなく、それぞれ目指すべき方向が違うのです。

自分がどちらを目指すべきなのか、起業の最初の段階でしっかりと見つめることが成功への近道と言えるでしょう。


毎週月曜配信:自分の「好き」を「仕事」にするためのメールマガジン


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる