パワハラ・モラハラ相談。悩みを聞いてもらうための最初の一歩

2018.06.17 (日)

パワハラやモラハラを会社で受けていると「誰かに今の状態を知ってほしい」「やっぱり自分がおかしいのかどうか確認したい」と思いますよね。

 

一方、「相談して相手にされなかったらどうしよう」「どうせ、電話やメールをしても何も変わらないんじゃないか」と心のどこかでブレーキがかかってしまい、今も苦しい思いをしているかもしれません。

 

結局のところ、状況を変えたいけど変えることができないのは、昔の自分を責めていることに原因があるのです。

 

今回は、そんな心のブレーキを外すためのテクニックについてお話します。

 

過去の過ちを認めることから始まる

心のブレーキを外すためには、「過去の過ちを認める」ことから始めなければいけません。

 

例えば、あなたは転職をして今の会社に入ったとしましょう。やっと転職ができたと思ったら、その会社で毎日パワハラ・モラハラに苦しんでいます。

 

そんなあなたは「やっと転職できたから、簡単に辞めるなんてとんでもない」と考えているのかもしれません。これは「自分の誤ち=転職に失敗したこと」を避けていることになっているのです。

 

これは、ギャンブルにおいても同じようなことが言えます。

 

パチンコや競馬、競艇などをやったことがある方は、負けが続いた時「次は勝てるに違いない」と過去の負けを否定し、確証のない未来に希望を抱いたことが1度はあるのではないでしょうか。

 

このような過去の過ちを認めないでいると、自分自身を憂鬱な状態にし、否定的な気分にさせていきます。またネガティブな意味で満足をすることなく、マゾヒズム的に自分を追い込んでいくだけでしょう。

 

まとめ

今回は、心のブレーキを外し、次の行動に移るためのテクニックについてお話しました。

人はどうしても自分のやってしまったこと、特にミス、失敗、挫折を認めることに対し、ブレーキを掛けてしまいます。なぜなら、それは過去の自分を否定することになるからです。

 

しかし、過去の出来事は変えることはできません。まずは、そのような失敗を一旦、受け入れましょう。そうすることで次の一歩を踏み出すことができるのです。

 

もしあなたが今、パワハラでお悩みなら、こちらの「パワハラの専門家による心が楽になるカウンセリング」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

私自身もパワハラで悩み、辛い経験をしてきました。だからこそ、あなたの気持ちに共感してあげることができるはずです。

 

毎日が楽しくなる人生を送るための最初の一歩を踏み出す

 

パワハラを克服するためのレポートを手に入れる

 

 

□毎週月曜配信:『パワハラ・モラハラを解決するためのメールマガジン』はじめました

無料メルマガ登録フォーム

お名前 *
メールアドレス *

 

パワハラの悩みに関する相談は『未来創心塾』のトップページに戻る

▼シェアをお願い致します!▼

現在の記事: パワハラ・モラハラ相談。悩みを聞いてもらうための最初の一歩

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

050-5438-8642

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »
⇑ PAGE TOP