パワハラ基準

「ハラスメントの種類」とは一体どんなものがあるのか

あなたはハラスメントという言葉を聞くと、あなたはどのような言葉を連想しますか。

パワーハラスメント、モラルハラスメント、セクシャルハラスメント、という言葉を連想されるのではないでしょうか。

ハラスメントの種類は、30種類以上

現在、ハラスメント(相手に迷惑をかけること)の種類は、細分化をすると30種類以上であると言われています。

よく耳にする「パワハラ(パワーハラスメント)」「モラハラ(モラルハラスメント)」「セクハラ(セクシャルハラスメント)」が最も代表的なものでしょう。

他にも「アルコールハラスメント」お酒にまつわるハラスメント。「ジュンダーハラスメント」男らしさ、女らしさにまつわるハラスメントなどが出てきました。

ただし、広い意味でのハラスメントは、上記の「パワハラ」「モラハラ」「セクハラ」に分類されるようです。

職場のパワーハラスメント(パワハラ)

職場のパワーハラスメントとは、同じ職場で働く人間に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を利用し、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

パワーハラスメントという言葉は、上司から部下へのいじめ・嫌がらせを指して使われる場合が多いですが、先輩・後輩間や同僚間、さらには部下から上司に対して行われるものもあります。

「職場内での優位性」には、「職務上の地位」に限らず、人間関係や専門知識、経験などの様々な優位性が含まれます。

業務上の必要な指示や注意・指導を不満に感じたりする場合でも、業務上の適正な範囲で行われている場合には、パワー・ハラスメントにはあたりません。

例えば、上司は自らの職位・職能に応じて権限を発揮し、業務上の指揮監督や教育指導を行い、上司としての役割を果たすことが求められます。

職場のパワーハラスメント対策は、そのような上司の適正な指導を妨げるものではなく、各職場で、何が業務の適正な範囲で、何がそうでないのか、その範囲を明確にする取組を行うことによって、適正な指導をサポートするものでなければなりません。
(厚生労働省:「パワハラの定義」より)

まとめ

職場のパワーハラスメントとは、権限を持つもの(主に上司)が、権限を持たないもの(主に部下)に対して行われる業務指導を超えたものです。

パワーハラスメントは本人、上司、会社の誰も得をしないものです。まずはパワーハラスメントとは何かを理解しなければ、解決方法は見えてこないのです。

□原田彗資の公式YouTubeはこちら

毎日が楽しくなる人生を送るための
最初の一歩を踏み出す

パワハラを解決するための
無料レポートはこちら


□毎週月曜配信:『パワハラ・モラハラの悩みを解決するためのメールマガジン』





お名前 *
メールアドレス *

職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる