起業・副業

仕事とは何か。人生を支配する「4つのカテゴリー」

仕事とは、いったいなんでしょう。あなたも一度は、考えたことがあるのではないでしょうか。

手元の辞書によりますと、職業や業務として、すること。また、職業。「―が忙しい」「―場(ば)」「―ができる」(新たに仕事が生ずる意にも、仕事とするわざについて能力がすぐれている意にも言う)「そんな注文では―にならない(=引き合わない)」。したわざ(の結果)。と書かれています。

私たちの多くは20歳前後から社会に出て、そこから30年以上にわたり仕事をし、生計を立てるようになります。

厚生労働省の統計では、一日約8時間、年間約1,800時間を労働に使っているのです。さらに、これらに通勤や休憩時間が上乗せされるとなると、人生のほとんどを仕事に対して消費していることが分かります。

そんな人生の多くの時間を占める仕事ですが、仕事=労働時間、とは言い表せないということはご存知でしょうか。

今回は、仕事においてあなたの人生を支配する「4つのカテゴリー」についてお話します。

あなたの人生を支配する「4つのカテゴリー」

単に仕事があなたの人生に影響を与えるのは、「時間」だけではないということをお伝えしておきましょう。「時間」以外にも「心」「場所」「人間関係」にも影響を与えているのです。

「時間」の支配

通常、会社員であれば仕事を行うために、会社に出社します。その通勤における時間も仕事の一部と捉えることができるでしょう。自宅が会社で無い限り、準備なども含めると短くても30分、長い人だと2,3時間を毎日通勤に使っているのではないでしょうか。

「心」の支配

休みの日やデートの最中にも、仕事のことが頭を過(よぎ)ることはありませんか。仕事とプライベート分けるということが理想ではあるのですが、大事な会議や納品物の締切などが迫っていると、頭から仕事のことが離れなかったり、上司に怒られたりすると、食事も美味しく感じられなくなってしまいます。

「場所」の支配

「時間」との関わりも深いのが、この「場所」の支配です。仕事場であったり、通勤に使う電車などの乗り物もあなたに影響を及ぼすでしょう。

「人間関係」の支配

人間関係についてもそうです。隣の席のメンバーや上司、部下、取引先など彼らと過ごしている時間はあなたが家族や大切な人と過ごす時間よりも大幅に多いことでしょう。

まとめ

今回は、仕事におけるあなたの人生を支配する「4つのカテゴリー」についてお話しました。

仕事はこれほどまでに私たちの人生の多くの時間を占めていることが、お分かりいただけたのではないでしょうか。ここで私が言いたいのは「そんな人生のほとんどを占めることだからこそ、大事にしたい」ということなのです。

給料が良いから、親が決めたから、学校を出てなんとなくそのままいるから、ではなく今一度、「仕事」について見つめ直して欲しいのです。

□原田彗資の公式YouTubeはこちら

毎日が楽しくなる人生を送るための
最初の一歩を踏み出す

パワハラを解決するための
無料レポートはこちら


毎週月曜配信:自分の「好き」を「仕事」にするためのメールマガジン

大手企業にてマネジメント10年、部下育成200名超から一転

ブラック企業に転職し、パワハラ・うつ・人生のどん底へ

そんな状態からでも「好き」を「仕事」にできた究極のノウハウ





お名前 *
メールアドレス *


職場の「パワハラ」「モラハラ」の悩みを解決し
あなたらしい人生を取り戻す方法


パワハラ・モラハラで悩むすべての人のために書き上げました。

年間200人を超える相談者への解決方法が凝縮された一冊です。
パワハラ・モラハラから抜け出し、自信を取り戻すために必要なものは、この本にすべて揃えました。

Amazonでみる