自分に自信をつけることができる「3つの通過点」

2018.03.19 (月)

「目標をもってやろうとしても、中々続かない」「最初は頑張ることができていたけど、いつの間にかいつもの生活に戻ってしまう」と自分に自信を持てずにいませんか。

 

今日は、自信が持てるようになるまでの期間についてお話します。

 

まずは3日間やってみる

自分に自信をつけるためには、継続するということがかかせません。まず、最初は「3日間」続けることを目標としてください。その目標は、簡単なことで大丈夫です。

 

本を2ページだけ読んでみる。腕立て伏せや腹筋を5回だけやる。朝、10分だけ早く起きてみる。あなたのできそうなことを、まずは3日続けてみてください。

 

三日坊主とあるように、続けることができるかどうかは、最初の3日間が大事なのです。

 

次は3週間続けてみる

最初の3日間を乗り越えることができれば、継続できる可能性はぐんと上がってきます。次に目指すべきは「3週間」です。ものごとが習慣化するために必要な日数は21日(=3週間)と言われています。

 

3週間続けることができれば、かなりの確率でそのまま続けていくことができるはずです。ただし、3日間続けるのと3週間続けるのでは、3週間の方が期間が長いため、続けることが難しいかもしれません。

 

そこで、続けるためのコツをお伝えします。それは、「少し足りないくらいで止めておく」ということです。

 

例えば、今まで読書をしてこなかったから、読書を習慣化させるためにまずは、2ページだけ読むことを目標にしたとしましょう。無事に最初の3日間を終え、1週間くらいしたところでペースを上げて4ページに目標を変更したとします。

 

その日はたまたま時間があって読めたのかもしれませんが、10日目は時間が上手くとれず2ページくらいしか読めませんでした。

 

もしこうなってしまったら、最初の目標(毎日2ページ読む)ことは達成できているので問題はなさそうですが、途中からの目標(毎日4ページ読む)ことに対して、目標が達成されたことにならず、その後ろめたい気持ちから「やはり自分はダメだ」と自信を失うことになりかねないからです。

 

また、「少し足りない」というところもポイントです。なぜなら、人間は足りない欲求は満たしたいと思う動物ですので、その習性を利用し、足りないからもっとやりたいという気持ちを翌日以降も続けるための原動力にすることができるからです。

 

3ヶ月後に振り返る

最後の目標は3ヶ月です。ここまでくれば、内容を振り返るタイミングが来ています。もっと上手にやるために、回数を増やしたり、内容をより良いものに変更してもよいタイミングといえるでしょう。

 

しかし、このときもレベルを一気に難しくしすぎてはいけません。習慣化させるためには時間がかかりますが、その習慣を壊すことはすぐにできてしまうからです。

 

まとめ

自分に自信をつけるためには、「3日間」「3週間」「3ヶ月」のサイクルで波がやってきます。その時にどのようにすれば、継続をさせることができ、自分に自信をつけることができるかをお話しました。

 

人間はいつでも変わることができます。それは、たった今からの行動を変えることで可能となります。今まで自分に自信がなかった方でも大丈夫です。できることから少しずつ変えていってみてください。

 

もしあなたが今、パワハラでお悩みなら、こちらの「パワハラの専門家による心が楽になるカウンセリング」を利用してみてはいかがでしょうか。

 

私自身もパワハラで悩み、辛い経験をしてきました。だからこそ、あなたの気持ちに共感してあげることができるはずです。

 

 毎日が楽しくなる人生を送るための  最初の一歩を踏み出す

 

パワハラを克服するためのレポートを手に入れる

 

 

————————————————————————————————————————-
□毎週月曜配信:『パワハラ・モラハラの悩みを解決するためのメールマガジン』はじめました

無料メルマガ登録フォーム

お名前 *
メールアドレス *


————————————————————————————————————————-

 

パワハラの悩みに関する相談は『未来創心塾』のトップページに戻る

▼シェアをお願い致します!▼

関連する投稿

現在の記事: 自分に自信をつけることができる「3つの通過点」

お問い合わせ・ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

050-5438-8642

フォームからのお問い合わせ

お問い合わせフォーム »

⇑ PAGE TOP